占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:2 hit、合計:42,899 hit

3 ページ3

安室side

『いった!!あんたもう少し優しく手当出来ないの!?』
「この僕が手当してやってるだけ感謝しろ。
大体、公安ともあろうお前が通り魔ごときにこんな傷ありえないな」
『そうやって言われると思ったから手当なんてして欲しくなかったのよ!!
私は格闘技とか苦手だし、あんたみたいにゴリラじゃないの!』
「ゴリラじゃない。イケメンゴリラだ」
『は?それゴリラじゃん』

すると早川のスマホが鳴る。
すごいデカイ着信音だな。切っとけよ。迷惑だろ。
早川は手当をしている最中にも関わらず電話に出る。
.....こいつ本当自由だな。

『○○さんから電話なんて嬉しいです』

電話を出た瞬間、声色を変えた。
声のトーンや調子は清楚な可愛い女子だが、顔は真顔。
良くそんな声と表情を変えられるな、と思わず感心してしまうほどだ。

『え?今から?行きます!嬉しいです!
はい、じゃあまた後で!』

そう言って早川は電話を切る。
そしてあからさまにいやそうな顔をしながら舌打ちをした。

「捜査か?」
『.....まぁね、暴力団の彼。今会いたいから来て欲しいだって。
はぁ、めんどくせぇ。仕事だから仕方が無いけど』

彼女はその猫かぶりの才能でハニートラップを得意としている。
するとまた彼女のスマホが鳴った。

『はい?もしもし?え〜!?○○!?うれし〜♡』

今度はギャル風に電話に出る。

『うん、ごめんね。今予定あって...また今度ね』

早川は電話を切るとため息をついた。
そう、彼女は捜査の為に何人もの顔を使い分けて何人もの彼氏が世界各国にいるのだ。
いつもいつも色んな別の男から電話がかかってきていつもいつもキャラを変える。

「......今お前何人と付き合ってるんだ?」
『丁度、100人よ』

じゃあ、私行かなきゃ。またね。
100人と言う数に驚いている俺に手を振って早川はポアロを後にした。

4→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
245人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 降谷零 , 安室透
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

なみ - とっても面白いです。更新楽しみに待っています!!続きが楽しみです! (8月8日 10時) (レス) id: 0ffda98372 (このIDを非表示/違反報告)
SHINO - 面白いです!更新待ってます! (4月14日 21時) (レス) id: 5129f74190 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:数の子 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2019年4月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。