占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:3 hit、合計:3,693 hit

実行 2 ページ48

「(コンコン)オッパー?」

JH「A入っていいよー!」

「お邪魔します…!遅れちゃってごめんね汗」


私が部屋に入ると、やっぱりもう3人揃っていた


UK「平気平気っ!ほらA座って!」


入り口で立ちっぱなしの私の背中を、優しく押して座らせてくれたユグ

ああ本当に天使……!


PK「じゃ、最後の会議始めよっか!」

JH「いえーい!!!んぐぅっ?!!?」

UK「ヒョン騒がないでよ、黙ってて」


容赦無くオッパの口を抑えながら押すユグ笑

耐え切れなかったオッパはコロンと後ろに倒れた


JH「ヤ!グォナ急になんだよ!」

UK「騒いでるとジフナに勘付かれるでしょ?」

JH「ミヤネ……」


ユグの言葉に小さくなるオッパ

あ、なるほど

確かにジフン'俺もいれてー!'って来そう笑


PK「気を取り直して笑
車で話したようにテイリヒョン、ミニョギヒョン、ジフン、ジホの順番で作戦実行ね?」

UK「A、歌う所は平気?」

「うんっ!ばっちり!」


短い時間だったけど、何度も確認したもんねっ


JH「あ、Aカメラは?持って来た??」

「オッパ安心して持って来たよ!」

PK「イエスッ!」

UK「Aナイス(^^)」


スマイルフォト作戦の時みたいに、反応を撮りたいみたいで

キョンとユグが妙に張り切ってる笑


PK「絶対ジフンの顔をAに超高画質で撮ってもらうぜ…!」


キョンの悪い顔笑

私も私でみんなの写真が増えるのが単純に嬉しくて

結構写真撮るのに乗り気笑


JH「もう話す事ないかな?解散でいい?」

「私は平気!」

UK「実行直前にグループにスタンプ送るのだけ忘れないようにね?」

PK「アーイ!」

UK「キョンじゃないよ」


ユグが鋭い視線をキョンに向けた


「アーイ!ユグ了解っ!」

PK「あああっオンマァ!!」


私がキョンの真似をするとダッシュで部屋から出て行くキョン


UK「はぁ、Aに免じてあいつは許してあげよう……」


'Aは何言ってても可愛いね'なんて言いながら頭を撫でてくれるユグ


UK「じゃあ俺も解散するねー」


ユグはそう言うと

ひらひら手を振りながら部屋を後にした


JH「キョンくらい反応してくれたら面白いよねー笑」


ユグを見送りながらオッパもポンポンと頭を撫でてくれる

なんだろ?

今日は撫でられる日なのかな?笑


JH「さっ!Aがメインなんだから!実行しておいでー!」

「はーい!」


さーてみんなどんな反応するかなー?笑

楽しみっ!

実行 3→←実行



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.3/10 (15 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
設定キーワード:BlockB , block.b   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

R(プロフ) - 毎回更新楽しみにしてます! (4月1日 20時) (レス) id: 2a775d9099 (このIDを非表示/違反報告)
toto(プロフ) - 楽しませていただいてます!応援してます(о´∀`о) (4月1日 16時) (レス) id: aef32fdf46 (このIDを非表示/違反報告)
らな(プロフ) - 面白いです(^^)続きってます!!! (3月31日 23時) (レス) id: 20d6271c1a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:たんぷん | 作成日時:2017年3月7日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。