占いツクール
検索窓
今日:116 hit、昨日:1,733 hit、合計:396,759 hit

ー39ー ページ40

Aside

「っ…ね…めんね…」

誰かのすすり泣く声に目が覚める

見上げるとるぅとさんが、隣で私の頭を撫でながら泣いていた

「ごめんねっ…」

彼は私が起きた事に気付いてないらしい

『んぇ…るぅとさん…?』

彼は私の声に気づいたのか、ぱっと顔を上げた

「A…っ!」

私はむくりと起き上がって、彼の涙を拭う

『どうしたの』

彼は泣きながら話してくれた



『私のお母さんを…?』

「っ…うん」

何も言葉が出ない

「ごめん。ごめんねっ」

「もう嫌ってくれたっていいんだよ。ほっぺ叩いてくれたっていいんだよ」

彼は泣きながら頬を出す

『…ならないよ、!ほっぺだって叩かない』

「いや、叩いてよ」

『叩かないっ、』

「叩いてよ!じゃなきゃAだけ傷つくみたいじゃん!」

るぅとさんドMみたいだよ!?

『じゃ、じゃあ、失礼します』

私が手を彼の頬に近づける

彼はきゅっと目をつぶる

私は微笑んで彼の唇にキスする

彼は「へ?」と間抜けな声を出した

『ふふっ!るぅとさんかわいーっ!』

彼は泣きながら笑った

「んもぅ!Aのばかぁ」

るぅとさんのゴツゴツした手が私の頬を包む

『えへへっ…』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
るぅとside

彼女は僕を嫌わなかった

なんでこんな仕事してるんだ!って

さすがに私の親殺 すなんて酷い!って言われなかった

『るぅとさんっ!』

「ん?」

『別にいいんですよ』

「…」

『お母さん居なくなっても』

だめだよ

それじゃだめなんだよ

『だって、もともと居なかったみたいなもんだし』

眉を下げながら笑う彼女は少し苦しそうだった

ごめん。ごめんね

なんど謝ればいいんだろう

ねぇ、僕がそんな風に笑わせちゃった?

言わなきゃよかった?

そんな事考えて、また涙が溢れる

『るぅとさん、泣かないで』

彼女は僕の涙を拭ってくれる

「無理だよ」

「Aが笑うんだもん」

僕のわがまま

彼女は『だってるぅとさんが笑顔が似合うって言ってくれたから!』と笑う

「あははっ!そうだね、僕が言ったんだもねぇ」

彼女といると、涙も笑顔に変わる

君は魔法使いだね

ー40ー→←ー38ー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (385 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
902人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , るぅと
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あかり - 尊すぎてもうさ・・・主人公媚び売らなくてめっちゃ好きやし・・・え?もしや作者様神?あ〜なんだただの神か (6月21日 16時) (レス) id: 7449a918fd (このIDを非表示/違反報告)
あかり - ガチめに今気づいた・・・アカネさんって遠井さんやね・・・!wてか胸がトゥンクしすぎて心臓持たん(( (6月21日 15時) (レス) id: 7449a918fd (このIDを非表示/違反報告)
さな - 今気づいた。あかねって遠井さんだね。(気づくの遅すぎて花) (6月9日 22時) (レス) id: 9ae50912b2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆか - 占ツクなんて、見たい人が見る場ですから、検索避けしてしまったら本来の面白さがなくなる気もするんですけどね……。 (5月30日 2時) (レス) id: c36640e301 (このIDを非表示/違反報告)
ぺろん(プロフ) - シールさん» なるほど…、でも検索避けできますかね…?私も色々考えてるので、私の中での結論を出すのを待っていてほしいです…!ご意見ありがとうございます!少々考えさせていただきますm(_ _)m (5月11日 19時) (レス) id: 7858855922 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぺろん | 作成日時:2020年3月27日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。