占いツクール
検索窓
今日:113 hit、昨日:1,733 hit、合計:396,756 hit

ー15ー ページ16

Aside

「ついでに紹介するね」

「うちの番犬を」

そして、出してきたのは三びきの犬

「たぴ、つくね、モカ」

順番に指を指していくさとみさん

…トイプードルと、ポメラニアンと、ミニチュアダックス

番犬ってなんか牙生えてて、ブルドッグのイメージが…

この子達はどちらかというとペット…w

「可愛いでしょ」

『はい、とても可愛いです!』

「そう、良かった」

「あ!るぅとの部屋に案内しなきゃなんだった」

さとみさんは思い出したように言う

「こっちこっち」



さとみさんに連れてこられた部屋の前

向日葵(ひまわり)の間>

『る、るぅとさん、Aです』

「どーぞ」

ふすまをゆっくり開けると、やさしい黄色の着物を着たるぅとさんが縁側に座っていた

そして、縁側から見える庭園にはたくさんの向日葵が植えられていた

まあ正確には咲いていないけど

芽が出てるってだけ

「おはよう」

彼は向日葵のような暖かい微笑みでこちらを見る

『おはようございますっ!』

「まず、荷物片付けようか」

そして、荷物を順番に片付けていく

…すごく大きな部屋

るぅとさんこんなところで一人で寝てたのかな

これからは私が一緒だもんねっ!



荷物が片付け終わり、少し探検でもしようかと、部屋から出る

少し歩くと、今まで一番大きい部屋についた

そこには、アカネちゃんやジェルさん、莉犬さんなど、皆が集まってわいわいしていた

アカネちゃんは私を見つけるなり、駆け寄ってくれた

「Aちゃん!待ってたよ」

≪待ってるから≫

あ、あのときの待ってるからは、こういう意味だったんだ…!

「こんな男しか居ない場所で女一人って本当に気まずかったの!」

「Aちゃんが来てくれて良かった〜!」

ぎゅっと抱きつかれる

『わっ、アカネさん苦しいですよぉっw』

「アカネ、離してあげ」

「はぁい」

ジェルさんの一言でアカネさんは離れた

『こ、ここはなんの部屋なんですか?』

私の質問に、飴玉を舐めていたころんさんが答えた

「ここは、んーと、皆が集まってのんびりするお部屋」

莉犬さんが続ける

「一緒にお話したり、遊んだりするんだよね〜!」

「全員に一斉に伝えたい事がある時も、ここ集合やな」

ジェルさんが、後付けして、なんとなくこの部屋の意味がわかった

「そうだっ!ついでにお部屋案内してあげる!」

莉犬さんが言う

私はお言葉に甘えて莉犬さんに案内してもらうことにした

ー16ー→←ー14ー



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (385 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
902人がお気に入り
設定キーワード:すとぷり , るぅと
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

あかり - 尊すぎてもうさ・・・主人公媚び売らなくてめっちゃ好きやし・・・え?もしや作者様神?あ〜なんだただの神か (6月21日 16時) (レス) id: 7449a918fd (このIDを非表示/違反報告)
あかり - ガチめに今気づいた・・・アカネさんって遠井さんやね・・・!wてか胸がトゥンクしすぎて心臓持たん(( (6月21日 15時) (レス) id: 7449a918fd (このIDを非表示/違反報告)
さな - 今気づいた。あかねって遠井さんだね。(気づくの遅すぎて花) (6月9日 22時) (レス) id: 9ae50912b2 (このIDを非表示/違反報告)
ゆか - 占ツクなんて、見たい人が見る場ですから、検索避けしてしまったら本来の面白さがなくなる気もするんですけどね……。 (5月30日 2時) (レス) id: c36640e301 (このIDを非表示/違反報告)
ぺろん(プロフ) - シールさん» なるほど…、でも検索避けできますかね…?私も色々考えてるので、私の中での結論を出すのを待っていてほしいです…!ご意見ありがとうございます!少々考えさせていただきますm(_ _)m (5月11日 19時) (レス) id: 7858855922 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ぺろん | 作成日時:2020年3月27日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。