占いツクール
検索窓
今日:1,857 hit、昨日:2,093 hit、合計:671,721 hit

◇133.不審者 ページ39

.



グリム「うぅ〜ん……
見たかぁ、オレ様のスーパーシュートを……」


『……うるさい』

イヴ「……」



就寝時間となり、布団に入って少し経った後、なかなか寝つけられないでいた僕とイヴはグリムの寝言という名の追い討ちにより目が醒めてしまった。



イヴ「眠れるようにホットミルク淹れる?」

『んー……いや、外に出よう』

イヴ「え?」

『夜の外って何故か知らないけどテンション上がるんだよねー』




僕はイヴの手を引いて外に出た。


ボロい扉を開けると、月が綺麗な夜だった。

夜風が頬を掠め、僕らは芝生に寝転がる。




『やっぱ夜はいいねー』

イヴ「……うん」

『月も綺麗で、星も綺麗。僕、夜が好きなんだー』

イヴ「そっか……私は朝が好き」

『なんで?』

イヴ「太陽が出てるとなんか安心するの。青い空も白い雲も好きだし」

『ふーん』




Aは夜が好きで、



イヴは朝が好き。




『……僕達ってほんと、正反対だよね』

イヴ「なのに、似てるってよく言われるよね」




僕がそう言うと、イヴは笑う。




イヴ「……私達、いつ元の世界に帰れるのかな」

『……』

イヴ「ねえ、Aちゃん」

『ん?』

イヴ「元の世界に帰れても、私達友達でいよ?」

『……うん』



そんな時、足音が聞こえた。

僕らはすぐに起き上がり、警戒する。




「……ん?そこにいるのは誰だ?」

『それはこっちのセリフだよ』




そこにいたのは頭に角が生えた男だった。

黄緑色のベストは見覚えがあった。



「これは驚いた。お前達、人の子か」

イヴ「……っ」

「お前達、ここに住んでいるのか?
この館はもう長いこと廃墟だったはず」

『ああ、そうだよ。僕達はこの館に住まわせてもらっている』

「独りで静かに過ごせる僕だけの場所として気に入っていたのだがな」

『ていうか、君は誰なんだ』




すると角男は目を張る。




「誰って……。僕のことを知らないのか?本当に?
……ふぅん。そうか。それはそれは……珍しいな。
お前達、名前はなんという?」

イヴ「イヴ……です」

『A』

「イヴにA?珍しい響きの名だ。僕は……
いや、やめておこう」

『なんだよっ!』

「聞かない方がお前達のためだ」

イヴ「私達の……ため……」


「知ってしまえば、肌に霜が降りる心地がするだろう。世間知らずに免じて、好きな名前で呼ぶことを許す」


『(何様だよ)』


.

◇134.私の夢→←◇132.刃向かえ



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (374 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
970人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

冬雪(プロフ) - もしゅさん» ご報告ありがとうございます (5月18日 12時) (レス) id: 2be363099b (このIDを非表示/違反報告)
もしゅ - 126話のセリフの所サバナクロー寮のハウル・ジャックになってましたよ (5月18日 12時) (レス) id: ded0801b35 (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - ベルモットさん» ありがとうございます。僕もリドルとラギーが推しです。 (4月14日 21時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)
ベルモット - ツイステですよね。私もプレイしています。一番好きなキャラはリドルでしたので、主人公とリドルの関係性が好みでした。 (4月14日 20時) (レス) id: e8970a172e (このIDを非表示/違反報告)
冬雪(プロフ) - アイラさん» ご報告ありがとうございます。 (4月12日 20時) (レス) id: e3ba6a1386 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:冬雪 | 作成日時:2020年4月6日 4時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。