占いツクール
検索窓
今日:312 hit、昨日:457 hit、合計:1,462,019 hit

145 ページ46

__




YR「...ユソンがそういうなら..」




そういって私の髪から手を離したユリさん。



素直に

助かったと思ってしまった



ユリさんと入れ替わるように私の元に来たユソンさん




YN「ねえ、助けてあげたんだからお礼くらいしてよ」




私の口からタオルを引っ張り出して

そのままゴミ箱に捨てた




「けほっ、...お礼、ですか...?」




まだ正常に働かない意識のまま


ユソンさんに尋ねた




YN「うん。コーヒー淹れて?」


「...はい」





そんな事でいいの?





最近 ユソンさんのお気に入り。


本格的なコーヒーメーカーで淹れたてのコーヒーを飲む事。





フラつく足でコーヒーを用意する





淹れたてで湯気が立ち込めるコーヒーカップ。




零さないよう、慎重に運んだ





「ユソンさん、コーヒー、」





ソファでくつろぐ彼女に声を掛けたと同時に






「えいっ」






楽しそうな声が背中の方から聞こえたかと思うと






YN「キャア!」




「っ!」






勢いよく前に突き飛ばされた私の体。



地面に倒れこんでしまった




手に持っていたコーヒーカップは


ユソンさんの足元に転がって割れていた




恐る恐る顔を上げると



ユソンさんの真っ白なスキニーパンツに


コーヒーが茶色く染み付いていた





YN「熱い!最悪..っ!」





思い切り掛かってしまったコーヒー。


淹れたてなので物凄く熱いに違いない




「す、すいません!」


YN「あなた...わざと?」




脚を抑えながらそういったユソンさん


ユリさんは慌てたように水で濡らしたタオルを用意してユソンさんの脚を拭いている




「っ、違います!誰かに押されて、




YN「言い訳はやめてよ!


わざとなんでしょ!?」




私の声をかき消すように叫んだユソンさん




その声は





ガチャッ





JH「なになに!?なんかあったの!?」


JM「ユソンヌナっ?」




運悪く休憩で戻ってきた彼らにも聞こえていて




JK「え..なんですか、これ」




ユソンさんの汚れてしまった脚と割れたカップ。


その前に突っ立っている私を捉えた彼ら




「ち、違うんです!」


JM「何が違うの..っ?」




言い訳でもしようかと口を開いた






「ったく何騒いでんだよ...え?」






遅れてきたシュガさんは


この光景に目を丸くして







YG「...っ









ユソン!」







私を追い越してユソンさんに駆け寄った




.

146 JK→←144



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (769 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2858人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , バンタン
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

- 身長高くてイケメン?ジュンだろ。とか思ってたら本当にジュンで叫びました(T_T)最高です(T_T) (11月14日 10時) (レス) id: 1cba4aeba8 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - くっくくおずさん» ほんとほんと!ユソンやばい!怒← 続きも楽しんで頂けるよう頑張りますので!応援よろしくお願いします!笑 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆー(プロフ) - ゆうさん» ありがたいお言葉感謝です、泣 作者文章力ないですよ!ちなみに小説は占ツクが大好きです← 本屋さんの本ならホラー読んでまs((殴 (2017年3月1日 0時) (レス) id: 6b61a37ab0 (このIDを非表示/違反報告)
くっくくおず(プロフ) - 最後の部分ほんとに涙がでました。続きが気になってしょうがないです。ユソンほんとにムカつく!!!! (2017年2月28日 20時) (レス) id: 39194f24c0 (このIDを非表示/違反報告)
ゆう - 主人公の気持ちが痛いくらい伝わってきて思わず涙が出ました(T ^ T)こんな文章書けるなんてすごいです。小説とかってどれくらい読んだんですか?これからも応援してます!! (2017年2月27日 23時) (レス) id: 0e3b5822de (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆー | 作成日時:2016年12月27日 11時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。