占いツクール
検索窓
今日:95 hit、昨日:2 hit、合計:246,280 hit

3話 ページ4

貴方サイド

「んー、粟田口セコムがあそこまで怖いものだとは……」

なーんか、身の程を知れって感じだったな。

『首、落とします』

まさか、同じこと言われるとは思わなかったなぁ……

ちょっと一期に対する信用度低くなりそう。

「あるじさま〜、あそんでください!」

「うん。いいよ」

そう言いかけて気付いた。

一期は、自分の弟達じゃなくても、

僕が短刀と遊んでると睨んできたっけ。

それに、三日月とかも和やかな目で見てくるけど、

時々殺気を含んだ目で見てくるし。

「あるじさま?」

「あ、何でもないよ。何して遊ぶ?」

「じゃあ、いつもので!」

「またあれで遊ぶのか?」

「はい!あれはとても楽しいので!」

そっかあ、今剣あれを気に入ってくれてたんだ。

「じゃあそれにするか」

僕は今剣を抱き上げる。

今剣はキラキラとした目で見てくる。

「行っくよー?」

僕は高らかに今剣を投げ上げた。

「わーい!」

この投げて空を飛ぶ遊び(?)が、今剣は楽しいらしい。

「あるじさま!きゃっちしてください!」

僕は腕を広げ今剣を抱きとめる。

「すっごいたのしいです!もういっかい!」

「えっ?まだするのかい?」

「はい!あるじさま、もういっかい!」

だ、大丈夫かな〜。

けっこう吹っ飛ぶから、抱きとめる時もヒヤヒヤするんだが……

僕は今剣を見る。

今剣はにっこりと笑った顔で待っている。

こんな天使の笑み、泣かせられない。

「じゃあ、後一回ね」

そう言ってまた、今剣を投げ上げる。

そしてまたキャッチしようとすると、

「何してるんですか!?」

という声が聞こえ、驚いた僕はバランスを崩し、今剣ごと倒れた。

「うわっ!」

「今剣殿!」

あ、この声は一期か。

幸い今剣は死守したのでかすり傷一つ付かなかったが、

僕は腕が痛い。

倒れるとき、打ちつけたかな?

そう思いながら上を見上げると、鬼の顔の一期。

「主殿おおおおおおおおおお!!!」

一期の怒声が、本丸中に響き渡った。

4話→←2話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (370 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
804人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 愛され , シリアス
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

望月海(プロフ) - 匡さん» ありがとうございます♪早速書いてみます! (2017年5月23日 23時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 望月海さん» 刀剣たちが主をどう思ってるか箇条書きで書いたらわかりやすいと思いますよ( ̄▽ ̄) (2017年5月23日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
望月海(プロフ) - 匡さん» どんな風にして欲しいとか要望ありますか?態々コメントありがとうございます♪ (2017年5月23日 0時) (レス) id: 546fdd6d80 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 主と刀剣たちの関係性を簡単でいいので、書いて欲しいです。 (2017年5月21日 1時) (レス) id: 7c11c8ca6a (このIDを非表示/違反報告)
シノ(プロフ) - 初コメです。作品のほうすごく私好みで続きが気になります!更新楽しみにしています。 (2017年2月16日 16時) (レス) id: 96383a0c14 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:望月海 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2016年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。