占いツクール
検索窓
今日:514 hit、昨日:4,708 hit、合計:950,950 hit

I'm home. -ただいま。- ページ40

12月某日。


すっかり高くなった冬の、冴えざえと凍てつく空を見上げて息を吐く。



その息は雲のように白く、あっという間に消えて見えなくなる。



「……さむ」



絞り出すように紡いだ声をマフラーの中にうずめて、歩いていく。



その足取りは、ひどくゆっくりだ。



高い木々に囲まれた公園のようなそこは────墓地。



目的の場所になんとか到着し、またひとつ息を吐いてから、ゆっくりとギプスの取れた足を折る。



「…よっこいしょ、と。

はぁ……ごめんね、来るの遅くなって」



そっと微笑んだ先にあるのは、もう長い間来れていなかった墓。



とっくに命日は過ぎてしまったけれど、休みをなんとか取ってようやく来ることができた。



秋なら菊の花でも持ってこれたのだが、如何せん季節遅れである。



手を合わせていたそのとき、一陣の強い風が吹き抜けた。



白いマフラーから細い髪が、はらはらとこぼれ落ちる。






────薄茶の、髪が。






「……冷えるぞ」

「大丈夫、アメリカ仕込み舐めないで」



そう言った途端、小さなくしゃみを漏らした彼女に、後ろに控えていた男性は苦笑した。



「来年はちゃんと、夏に来れるかな」

「…休みが取れればな」

「うん」



するり、とのばした左手が愛おしげに墓石を撫でる。



その薬指に輝く────────ひとつのシルバーリング。



病み上がりの身体に、冬の寒さは堪える。



ゆっくりと立ち上がった小柄な女性の隣に並んで、男性────藍沢はじっと墓石を見つめた。



「────必ず、幸せにします」

「……照れる」



マフラーに鼻まで埋もれた彼女の目尻がきゅっと下がって、きっと口角は上がっているに違いない。



熟れた桃のように赤く染まった頬と耳を悟られまいと、また来るね、と心の中で呟いて、彼の後ろを通り抜けた。



けれど足のコンパスの差で、あっという間に追いつかれる。



冷えていた左手を掴まれて、コートのポケットの中に突っ込まれた。



「……風邪引いたらどうする気だ?」

「優秀なお医者さん達がいるから大丈夫です」



得意げに笑ってみせたその表情に、してやられたと軽く息を吐く。



墓地を抜け、午後からの出勤のために電車に乗る。



その前に。






「────A」






呼びかけて足を止めると、数歩先に行ってしまった彼女と手が解ける。






藍沢の揺れる瞳に気がついたのだろう、香坂Aは数回瞬きをして────その薄茶の瞳を細めた。

Epilogue. -Embrace the sky.-→←37



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1369 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
5840人がお気に入り
設定キーワード:コードブルー , コード・ブルー , 藍沢耕作   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Appppppppple - 最初から最後まで読み始めたら止まらなくて、すごく好きです!主人公の波乱展開や次々と起こっていく奇跡に思わず涙をこぼしながら読ませていただきました。耕作との恋愛もじれったいけど思いあってるのが伝わってきてとても素敵でした!これからも頑張って下さい! (10月23日 18時) (レス) id: d7af8c4e34 (このIDを非表示/違反報告)
iz. - 初めまして。主人公の設定、ストーリー共に素敵でした。読んでいく内に吸い込まれまるで、そこに居るかのようでした。コード・ブルー初めて読んでこの作品に出会い嬉しく思います。番外編あれば楽しみにしています。お疲れ様でした。 (10月14日 10時) (レス) id: 3183a48762 (このIDを非表示/違反報告)
kei-k.sho(プロフ) - 初めまして!最初から最後まで一気読みさせて頂きました。最終話、感動でした!ayanelさんの書くお話の中に引き込まれました!何度も読み返せるよう、お気に入り登録させて頂きました!afterstoryも楽しみにしております!! (10月8日 14時) (レス) id: 1bb52ee427 (このIDを非表示/違反報告)
Chiak♪ - 最後まで読ませていただきました!とっても感動して涙が止まりません!!この小説を読むことができて良かったです! (10月7日 13時) (レス) id: 77d933a2c2 (このIDを非表示/違反報告)
ぴーち - 感動しました・・・! 香坂がどうなるのかな・・と、ずっとドキドキハラハラしました・・! めっちゃ大好きな作品です♪ (10月6日 21時) (レス) id: cccfbb7e50 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ayanel | 作成日時:2017年9月20日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。