占いツクール
検索窓
今日:13 hit、昨日:597 hit、合計:306,387 hit

第三十四訓 ページ35

.


よりによって江戸で一番治安が悪い所に行ってるなんて。まだいるかもしれないのでかぶき町に早足で向かう。


ちなみに今は一人。みんなとは別々で移動した。だから別にはぐれた訳じゃないから。気づいたらいなかったとか、そういうのではない。決して。


そうこうしてる内にかぶき町に来た。かぶき町も広いから早く見つかると良いのだが。

道行く度に並んでいる甘味処などの甘い誘惑を我慢して歩くこと数分。よく見慣れた顔がお団子を食べていた。あの特徴的な髪色は彼女しかありえない。



「神楽ちゃん?……と、そよ姫様?」

「A!!」

「A…さん?」



いた。そよ姫様いたわ。神楽ちゃんと一緒にお団子食べてましたよ、お姫様。



「そーです。Aですよ、そよ姫様」



「お久しぶりです」と笑いかければハッと目を見開くそよ姫様。思い出してくれたのかな。



「二人、知り合いアルか?」

「昔ね、私がそよ姫様の遊び相手をしてたことがあったの」



まだ真選組がなくて、浪士組だった時だから…そこそこ前の話。

いやぁ、懐かしい。世話係みたいな感じだったけれど、じいやさんにめちゃめちゃ睨まれながら遊んでたなぁ〜。忘れたかと思ったがちゃんと覚えててくれたらしい。良かった良かった。

いや、思い出してる場合じゃなかった。



「そよ姫様、皆が心配してます。帰りましょう」



少々酷かもしれないが、こればっかりは仕様がない。手を差し出せば、ゆっくりと手を伸ばしてくる。が、それは神楽ちゃんに止められた。



「A待ってヨ!そよちゃんちょっと外で遊びたかっただけネ!!もうちょっとだけいいでしょ?」



そよちゃん、なんて可愛らしい呼び方をして、今日一日で友達になったのだろう。

だがこれは困ったことになった。ここで無理矢理連れて帰れば私が悪者になってしまう。



「いいの神楽ちゃん。Aさんを困らせたくないし、最初から一日だけって決めていた。私がいなくなったら色んな人に迷惑がかかるもの…」



言いながらも表情は暗い姫様。一層の事許してしまおうか。ぶっちゃけ、私がいれば何とかなるっちゃなると思う。


一人であれこれ考えていると「その通りですよ。さァ帰りましょう」と、聞き慣れた声の聞き慣れない敬語が聞こえ、振り向くといたのは土方さん。

敬語が似合わないと思ったのはここだけの秘密。


.

第三十五訓→←第三十三訓



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (77 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
272人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 女隊士 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

柊ひな(プロフ) - 黒華さん» 私の紛らわしい言い方で気を遣わせてしまいすみません…不快だなんて全く思ってないです!わざわざ応援までありがとうございます(泣) 更新頑張ります! (5月20日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - この間のコメントに不快を感じさせてしまっていたらすみませんm(*_ _)m物語シリーズを作者様が知っていたことが嬉しくて『おぉ!!』って思ったんです。銀魂な感じが出ている作風でとても好きです!これからも更新頑張ってください!応援してます! (5月20日 15時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - 黒華さん» そりゃ丸パクリして使われてたらゾワッてしますよね…笑 (5月20日 15時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)
黒華(プロフ) - 『後日談というか今回のオチ』というセリフが出てきてゾワッてしました!いい意味で笑 (5月19日 18時) (レス) id: 0ab52dedef (このIDを非表示/違反報告)
柊ひな(プロフ) - マダオさん» 世間一般的にはにわかかもしれませんが笑 物語シリーズ好きです! (5月19日 17時) (レス) id: 3fe6b67371 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:柊ひな | 作成日時:2019年4月6日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。