占いツクール
検索窓
今日:96 hit、昨日:327 hit、合計:158,654 hit

ページ19









その次の日、
すっかり雨は上がり、ピカピカと太陽が光っていた。秋晴れとはこの事だ。





学校に着いてすぐ
永瀬くんに借りた体操服と傘を返そうと靴箱で待った。

なんとなく、みんなの前で返すのはダメかなって思った。




少しして赤い自転車を引く永瀬くんを見つけた。
胸がズキンと痛くなった。




「永瀬くん」



顔を上げて
私の顔を見た途端
永瀬くんはマスクをとった



「あ、え、おはよ、」



そこまで言って ゴホゴホと咳込む。



「風邪…大丈夫?
ごめん、私が傘借りちゃったから」

「いや、ちゃう、夜更かししだけ」

「マスクしていいよ」

「ごめん」



永瀬くんは申し訳なさそうにマスクをして
私たちのクラスの駐車スペースに停めた。



「大丈夫?」


永瀬くんの隣を歩く
永瀬くんは少しゆっくりと歩く


「うん、全然大丈夫」

「これ、ありがとう。
今日体育あるから持ってきた」

「あ、おう、全然ええよ」



濡れんかったなら、と付け加え
永瀬くんは優しさの塊を投げつける

なんかイメージとちがった。
永瀬くんは少し冷めた顔をしていることがある
少しというか、よく、そういう顔をしている。

死んだ目と言うよりは
何かを奥に入れ込んだ 深い闇のような目




「優しいんだね、永瀬くん」



永瀬くんはそっぽ向いてまた1つ咳込んで
首を振った。




「今日の体育なんやろなー」

「なんだろね」



靴を履き替えて
一緒に階段を上る

永瀬くんはすれ違う度
男の子や女の子に挨拶をされる
すごい、彼も人気者だ。

・→←letter 3



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (247 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1076人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉 , 平野紫耀   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - 作品に出てくる言葉一つ一つが綺麗で言葉の選び方がすごく好きです!作品の雰囲気も素敵でした!素敵な作品をありがとうございました! (12月6日 8時) (レス) id: 2427705538 (このIDを非表示/違反報告)
nny(プロフ) - 今回の作品もすごく面白いです!!前に書いていた勝利くんのやつが気になるので機会があればお目にかかりたいです!! (12月5日 14時) (レス) id: 5f3b77eda2 (このIDを非表示/違反報告)
ドレミ - すごい感動します! (12月5日 11時) (レス) id: 073a14a158 (このIDを非表示/違反報告)
霞草(プロフ) - satsumaimo1995さん» コメントありがとうございます。頑張ります(´O`) (12月5日 0時) (レス) id: 402b5f83f6 (このIDを非表示/違反報告)
satsumaimo1995(プロフ) - 新作楽しみにしていました!頑張ってください! (12月3日 1時) (レス) id: e6668ce924 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:霞草 | 作成日時:2019年12月2日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。