占いツクール
検索窓
今日:481 hit、昨日:851 hit、合計:289,902 hit

38 ページ38

重「すげーこれ神ちゃんが作ったん?」

神「そやで、かっこええやろ」

望「俺のやってお洒落やしー」

重「それAに言われるがまま作ったやつやろ(笑)」

望「うるっさ!!」


固まったレジンを土台に取り付けて無事アクセサリーは完成。


望「そんなゴツいんいつつけるん?」

神「普段も使うしライブでもつけたいわ」

重「さすがやわ」

望「見てる分にはかわええけど、俺使うってなるとキャラちゃうしなぁ」

「望は似合わなそうだねぇ」


ケーキも食べ終わってアクセサリーも完成して皆のライブDVDを流しながらごろごろ。

重「なぁ、さっき読んでた漫画さー残り借りてってもええ?」

「いいよー」

重「結構おもろいねんなぁ少女漫画」

「しげそんな見そうにないのにね」

重「あとな」

「?」

じゃん、と読みかけていたらしい漫画を取り出したしげ。
そこから1枚の写真をとりだす。

ん?
写真?




重「これ彼氏?」


神望「「!!!」」


望「かずやか!」

「どこで見つけたの」

重「これに挟まっとった。彼氏イケメンやんか」

ニヤニヤ笑ってしげが持っているの写真には瓶ラムネを持って笑ってる私と一哉が確かに写っていた。


神「え、待って。やっぱ彼氏おるん?」

重「てか彼氏おって男3人家にあげたらアカンやろー」

「いやそれ元彼だからね。
男3人あげるのは独り身でも抵抗ありましたけど」


望がしげから写真を半ば奪い取ってまじまじと見る。

望「くそ、ホンマにイケメンやん」

そう言った望の顔が本気で怖くてちょっとびっくりする。

望「別れても写真こんな大事にしまっとくもんなん?」

ぺいっと写真をテーブルに投げ出して、鋭い目のまま私に問いかけてくる。

自惚れるようだけど、望の昼間の発言が本心なら、そりゃいい気しないよな。


「たぶん一哉がこっそりしまったんだよ、そういう事する人だったから...ほら」

写真の裏を見ると
《ビックリした!?また一緒に花火見ような!》
と私にあてたメッセージと日付。

重「うっわ...すげー(笑)」

「しげ引いてんでしょ」

神「え、めっちゃ良くない?ロマンチックやん」

神ちゃんは素直に感心しているようで、望はやっぱり機嫌が悪い。


重「小瀧態度にですぎやでー?どんだけヤキモチ妬くねん(笑)」

望「うっっさいねん!!」

重「うっわ、何?何でこんなキレるん?こわいわー」

神「ここで望がキレるんは変やって。
何機嫌悪なってんねん」

望「...」


この一枚の写真がキッカケで空気は見事に悪くなった。


「...そろそろお開きにしよっか」

39→←37



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (133 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
503人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 小瀧望 , 神山智洋   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:のら | 作成日時:2019年6月12日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。