占いツクール
検索窓
今日:74 hit、昨日:53 hit、合計:165,256 hit

# 5 ページ5














夏「おっ待たせ〜っ!!」

「あっ、久しぶりだね!」

夏「すごい、めっちゃ大人っぽくなってる!」

「夏恋もね。笑」









昔から、彼女といるとそうだった。

いつでも明るくなれる。









苦しい事も、苦しいだなんて思わなくなる。









魔法みたいだった。








夏「でねでね、夏恋はね…」

「うん、えっ…そうなの?笑」

夏「そうそう、意外でしょ?笑」








他愛のない話を、ミルクオーレを啜りながら

話すだけで心が和らいだ。







甘い。

口の中が甘い。







夏「よっしゃ、今日飲み行こっ!!」

「な、何で…」









夏「…元気、なさそうだから。」








それは、涼太が気付かなかった事。








ありがとう…ありがとう、夏恋…。







夏「夏恋ね、最近いい人捜してるの。」







夏恋の言う、飲み屋を目指して歩いていた。

スマホをチラホライジりながら、そう言った。








「いい人…?」







夏恋のいい人、という一言が意味深だった。







夏「彼氏。私ももう25だし、結婚したいなって

思っててね…絶対子供とか可愛いじゃん?」







付き合ってた時の方が楽しかったな…。

いつか出来る子供の名前考えたりして…。








涼太はそんな事忘れてるだろうけどね。








夏「だからね、始めたの。婚活。」

「それって危ないんじゃ…」






夏「全然!! ネット上で話すだけだし。

あ、ほら見て! 今日1件来てるよ!!」






嬉しそうに、私にスマホを向ける夏恋。

濃い顔だけれど、イマイチよく分からない。






夏「夏恋さんとお話したいです、だって。」

「どうするの?」

夏「そりゃ行くに決まってるじゃん。」






ちょっと、と小さな悲鳴を上げる間もなく

夏恋が私の腕を引っ張った。

# 6→←# 4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (196 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
828人がお気に入り
設定キーワード:GENERATIONS , 片寄涼太 , 白濱亜嵐   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

栞奈(プロフ) - shuukaさん» はい♪ 私もですよ(^ー^*) (9月12日 23時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)
shuuka(プロフ) - 待ってます!私も大好きです(*^^*) (9月12日 22時) (レス) id: 4dbc1de551 (このIDを非表示/違反報告)
栞奈(プロフ) - shuukaさん» ありがとうございます♪ 是非、楽しみに待っていて下さいね♪ shuuka様大好きです。゜(゜´Д`゜)゜。 (9月12日 19時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)
shuuka(プロフ) - いえいえ〜私も感謝しております^^新作も楽しみにしてます!! (9月12日 18時) (レス) id: 4dbc1de551 (このIDを非表示/違反報告)
栞奈(プロフ) - もえさん» コメントありがとうございます(^ー^*) もえ様♪ いつもありがとうございます♪ はい、パスワードは外させて頂きました(^ー^*) わざわざお問い合わせ頂き、ありがとうございました♪ 是非、お読みになって下さいね♪ (9月12日 2時) (レス) id: cf457ede17 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:栞奈 | 作成日時:2018年8月14日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。