占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:628 hit、合計:75,267 hit

降谷さんとの出会い12 ページ12







チャンス。一対二では勝ち目が無くとも、一対一ならどうにかなりそうだ。
……ここで、負けて死んだとしてもただ私の実力がそれまでだったということ。別に悔いはない。
腰の銃に手をかけ、男の足音が完全に聞こえなくなるまで息を潜めた。

一瞬の静寂、咄嗟に走り出そうと右足を前に出す。しかし、足が地面に触れることはなく、何者かによって男とは真反対の方向に引っ張られた。口を布のようなもので塞がれ、声が出せない。

エイトではないことは確かだ。だとすればマフィアの仲間に見つかった?
後ろを気にしていたつもりでいたが、気配を消して接近されるとは。爪が甘かったようだ。
一つ角を曲がったところで、口元の布が取られ、何故か解放された。不審に思いながら相手の顔を見る。

「ふる……や、さん。」

約1ヶ月間、私はこの計画がバレないように細心の注意を払って、動いてきたつもりだった。なのに、何故。どうして、ここにいるんだ。

「何をしようとした。」
「……何で、ここに。」
「いいから、質問に答えろ。お前は今ここで、何をしようとした。」

他人の私でもわかる。降谷さんは私に怒っているようだった。いつもよりワントーン低い降谷さんの声に、怯みそうになるが目を伏せながら答えた。

「親のかたき討ち。」
「そんなこと、お前の親が望んでいると思うのか!?」

両肩を降谷さんに掴まれる。真っすぐに見つめられる瞳。気持ちがぐわんと揺れる。
誰もこんなことを望んでいないことぐらい分かっている。
エイトもおじいちゃんもお父さんもお母さんも、それに降谷さんだって。それでも、私は奴らに復讐をしたい。お父さんたちが苦しんだのと同じ目に遭わせたかった。

「でも……それでも、私はっ」
「誰だ。そこにいるのは。」

つい感情的になって、声が大きくなりすぎた。はっとなって自分の手で口元を塞いだが、もう遅くて。一つの足音がこちらに近づいてくる。
咄嗟に降谷さんは私を背中に隠そうとしたが、私はそれを拒んだ。
逃げ道もないまま二人同時に見つかってしまい、私達を見た男はにやりと口角を上げた。





降谷さんとの出会い13→←降谷さんとの出会い11



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (151 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3365人がお気に入り
設定キーワード:名探偵コナン , 逆ハー , 安室透   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

(プロフ) - レエンさん» ありがとうございます。頑張ります! (1月26日 1時) (レス) id: e58ef0a760 (このIDを非表示/違反報告)
レエン - 面白い、更新頑張って! (1月20日 1時) (レス) id: 0e56321508 (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - 怒らないで委員会会長mAKAさん» ありがとうございます!そう言っていただけて嬉しいです…!夢主はサーモンランもとくいですよ!たつじんカンスト済ですd( ̄  ̄) (1月19日 0時) (レス) id: e58ef0a760 (このIDを非表示/違反報告)
怒らないで委員会会長mAKA(プロフ) - やっと追いつきました!とても面白くて好きです!この夢主ちゃんとクマさんランダムでシャケしばきたい……(( (1月18日 3時) (レス) id: a3e985f800 (このIDを非表示/違反報告)
ぱふぇ - そうだったんですね!!お気遣いありがとうございます。この小説を読むのが一日の楽しみなので、更新頑張ってください!応援してます!(^^)! (12月20日 21時) (レス) id: 00337bf9fd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作者ホームページ:https://twitter.com/ninoma_e  
作成日時:2019年12月1日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。