占いツクール
検索窓
今日:6 hit、昨日:12 hit、合計:8,528 hit

100話 ページ4

アントーニョは結果的に俺を事務所まで送り届けてくれた。若干ふらつきの残る足取りでは心配だと、肩を貸してくれたのだ。お陰で、事務所へのあのややこしい迷路のごとき道に散々文句を言われる羽目にはなったが、そこは恩義があるので大人しくしておく。ようやく着いた時には、俺たちの表情に疲れが滲み始めていた。



「なんでこんなややこしいとこに……あかん、真っ直ぐ帰れるか不安やわ。」

「すんません……」



支えられていた肩を外され、そのまま家の前の階段に座り込んだ。アントーニョの顔には疲労感こそあったものの、まるで本国にいる兄貴のようにやれやれ、と言った様子で笑うのだから感服である。
ほんの少し懐かしさを感じて、アントーニョへの親しみも湧いた。



「もう体調は大丈夫そうやな。」

「お陰様で。助かりました。」

「ええねんええねん。次会った時に酒でも奢ってくれたらええわ。」



ほな、俺は仕事があるさかい、またな。

数度手を振ってアントーニョは来た道を引き返して行く。俺もその背に何度か手を振り返し、そうして彼は見えなくなった。
助けたらギブアンドテイク、そんな部分にも好感が持てて、ほう、と息をつく。俺は昔からあの手の兄貴分のような男に憧れることが多かった。ああなれたら、なんて思う。同じ兄弟を持つ立場でもアーサーとは違った気構え。非常にかっこいい。
俺もあんな男前になれたら、モテモテになったりするんだろうか。美女に言い寄られたらどうしよう、なんて。実際には生まれてこの方ハーレムなんていう男のロマンは勿論、ここ数年は恋人もいないほどだった。そりゃガキの頃は引く手数多だったんだぜ。近所で有名な美少年だった…うん、悲しいので妄想はここまでにしておく。過去の栄光に縋る男はダサい。
呆れたように自嘲して、階段から立ち上がった。どうにも眠たくてならない。まだ頭も痛いことだし、アルフレッドが来るまでは寝ていよう。

開けた扉は俺を飲み込んだ後にゆっくりと閉じていく。真っ直ぐベッドに直行した俺は、二日酔いも相まって普段気づくはずのことに気づかなかったのだ。

俺をじっと見つめる視線と、忍び寄る危機に。

101話→←99話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
109人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» ありがとうございます!f様のような方々のお力があってこそ頑張れます。まだまだ作品は続いていくと思いますが、これからもお付き合いしていただければ嬉しいです。コメントありがとうございました。 (1月15日 10時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。