占いツクール
検索窓
今日:12 hit、昨日:9 hit、合計:8,522 hit

111話 ページ16

自己紹介が終わるとマスターはスイッチを押すかのように手をぱん、と一度叩いた。それを受けてアントーニョもローデリヒも先程とは打って変わった真面目な顔に変わる。俺だって例に漏れない。

それじゃあ、とマスターは俺たちを順番に眺めながら言った。



「トーニョには俺の補佐、タチバナちゃんは各種料理の下準備、ローデはスイーツを担当してもらう。指示はまとめて中央のテーブルに置いといたからそれを見て。優先順位も書いてある。」



指で示された先の厨房には大きな銀色の調理台が一つ見えた。その上には乱雑ではあるものの、確かにいくつかの紙の束がある。気になったので中を覗こうと顔を突き出すが、それだけでも相当な広さがあることがわかった。



「お前達の料理の腕は信頼している。きっとオーブンを爆発させたりしないし、真っ黒な炭を生み出して尚平然と差し出すことはないメンツだとわかってる。」

「あれと比べりゃそらそやな。」

「だけど何かトラブルが起きるようなことがあれば遠慮なく言ってくれ。そもそもが急に集まってもらった訳で、はなから難しいことを頼んでいる自覚もある。」

「…まあアーサーさんを超えるようなトラブルは早々ないんじゃないですか。」

「カークランドのそれはいっそ芸術的な部類です。」



真摯なマスターと相対するように全員が思い浮かべた金髪の、料理の域を到底はみ出したあの得体の知れないブツ。俺たちはその時に共通したのだ。さすがにあれ以上の事故にはなり得ないと。そうして共に頷き合う。なんとなく気負う心が僅かに軽くなったように感じた。

それから、衛生に関しての諸注意と道具や食材の位置の確認を行って、最後にマスターから黒いエプロンが手渡される。スタッフ用のカフェエプロンだが、またマスターのセンスが光るような代物だった。あまり身につけたことがないためか好奇心がそわりと疼く。こういうそれっぽい気分になれるアイテムって大事だと思うんだよね。



「今日の全体解散は九時頃だけど、仕事が終わったら是非お前らもパーティを楽しんでくれ。ささやかなお礼だ。報酬の話はまた後片付けの時に。」



気を引き締めてね、とマスターが笑う。
俺たちは全員で顔を見合わせて、それから調理に入っていった。

112話→←110話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (53 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
109人がお気に入り
設定キーワード:男主 , ヘタリア , APH   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

そうる(プロフ) - fさん» 本当に泣きました。ありがとうございます。がんばります! (4月20日 9時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 何度も繰り返しているからこんな素敵な作品になるんですね!この作品に出会えて、読むことができるなんて幸せ...最高.....!好きなのでどれだけ掛かっても大丈夫ですよ!頑張ってください! (4月17日 22時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» f様、度々応援のお言葉ありがとうございます。自分は一度に一気に更新することが苦手で、何度も何度も編集を繰り返してしまうのですが、そのお言葉にとても救われました。ゆっくりにはなってしまいますが、これからもよろしくお願いします。 (4月17日 1時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)
f - 久々の更新でわくわく...!!気長に待ってます!頑張ってくださいいつも応援してます! (4月15日 2時) (レス) id: 4ca17f9031 (このIDを非表示/違反報告)
そうる(プロフ) - fさん» ありがとうございます!f様のような方々のお力があってこそ頑張れます。まだまだ作品は続いていくと思いますが、これからもお付き合いしていただければ嬉しいです。コメントありがとうございました。 (1月15日 10時) (レス) id: e4ea35986a (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:そうる | 作成日時:2018年1月9日 17時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。