検索窓
今日:57 hit、昨日:349 hit、合計:266,761 hit

組み分け帽子02 ページ24

帽子が歌い拍手喝采が鳴り止んだ後、マクゴナガルか羊皮紙を取り出しAから順に呼び出した。

ウィンクルムは《V》から始まるため、セレナはロンの前に呼ばれるのだとわかった。

ピンクの頬をした金髪のおさげの少女《ハンナ・アボット》が前に出てきた。
ハンナは恐る恐る壇上の上にある椅子に座り帽子をかぶると、帽子が「ハッフルパフ!」と叫んだ。


その後、スーザン・ボーンズにテリー・ブートと次々と呼ばれ、遂にハーマイオニーが呼ばれた。
ハーマイオニーは待ちきれなかったのか早々と椅子に座ると、グリフィンドールに振り分けされた。
彼女がグリフィンドールのテーブルに向かう時、セレナと目が合った気がした。

ヒキガエルの少年《ネビル・ロングボトム》が呼ばれ、彼もまたグリフィンドールに選ばれた。

ドラコ・マルフォイが呼ばれると、何故かふんぞり返りながら出てきて、帽子が頭に触れるか触れないかのうちに「スリザリン」と帽子が叫んだ。

セレナはもう少しで呼ばれるであろうハリーを盗み見ると、酷く青ざめて今にも倒れそうだった。

「ハリー、大丈夫?顔色が悪いよ」
「大丈夫じゃない...もうドキドキで死にそうだよ」
「手、握っててあげようか?」

セレナのいたずらっ子のような笑みに、ハリーは違う意味でドキドキが止まらなくなってしまった。
ズルいなぁと呟いた言葉は、運良く彼女に聞こえなかったようだ。



「ポッター・ハリー!!」

遂にハリーが呼ばれた。
ハリーはチラチラとセレナとロンを不安そうに見ながら壇上へと足を運ぶ。
先程までの賑やかな歓声が消え、全ての視線がハリーに向けられていた。

ハリーが帽子をかぶる直前、セレナと目が合った。「大丈夫」とそのブルーの瞳が言った気がした...。

組み分け帽子03→←組み分け帽子01



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (130 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
454人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

レン(プロフ) - 潤華さん» 潤華さん、初コメありがとうございます!お褒めの言葉嬉しいです☺️引き続き、応援よろしくお願いします! (2月5日 7時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)
潤華 - とっても面白いです!!!♡♥ (2月4日 20時) (レス) id: 9eceefbc71 (このIDを非表示/違反報告)
レン(プロフ) - カケオレさん» コメントありがとうございます!この時代にもニュートが居たので是非からませたいと欲望が出てしまいました笑今後も出てきますので楽しみにしててください! (2023年3月20日 21時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)
カケオレ - ニュートが出てきた瞬間叫んでしまいましたよ (2023年3月20日 7時) (レス) @page11 id: 1b32a494c8 (このIDを非表示/違反報告)
レン(プロフ) - †NANA†さん» ご指摘ありがとうございます!遅ればせながら修正致しました(^^) (2023年2月10日 20時) (レス) id: 38d4befbfc (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:レン | 作成日時:2022年7月3日 9時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。