占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:5 hit、合計:4,707 hit

Ki ページ6

.


「はい、…コーヒーで良かった?」



テーブルにコーヒーの入ったマグカップを2つ置き、少し間を空け藤ヶ谷の隣に座る。


「ありがとう。

…それで、1つ聞きたいことがあるんだけど…」



「俺がなんで海に入ってたか、だよな。
沖の方に藤ヶ谷がいた気がしたから…って言ったら笑う?」



そう言うと、驚いた様に一瞬目を見開き何かを考えている様子でゆっくりと口を開いた。





「…どういうこと?」




「蜃気楼、っていうのかな。
もう…会えないと思ってたから。
だってお前…特攻隊だぞ?
普通だったら、生きてなんて帰れる訳ない」





「それって、北山は俺に会いたかったってこと?」





まるで、遠回しな言葉は望んでいないとでも言うような的確な質問。



なんというか、事情聴取みたいだ。

Ki→←Ki



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.6/10 (25 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
78人がお気に入り
設定キーワード:藤北 , 藤ヶ谷太輔 , 北山宏光   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:あいちゃん弁当 | 作成日時:2019年4月18日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。