検索窓
今日:3 hit、昨日:41 hit、合計:14,378 hit





「彼女が、言ったんです。
人の為になる事をして欲しい って。
案外楽しかったりしますよ。
彼女の為になる事はもう、出来ませんが。」


生ぬるい風の中に混ざり、清涼な香りが鼻を擽る頃。
気温は低かったり、暖かかったりと安定せずに毎日の衣服選びも大変だ。
挨拶に出向いても不在な隣人。空き部屋では無いと不動産屋は言ったが、知らない間に引っ越したのではないか。風の抜けるマンションの外廊下で、彼は小さなため息を吐いた。




───


Bs30


⚠️ ATTENTION ⚠️

※ 本人様、球団とは一切関係ありません

※ 男性同士の恋愛表現

※ 完全捏造

※ なんでも許せる方向け執筆状態:完結

















おもしろ度の評価
  • Currently 10.00/10

点数: 10.0/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
164人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2024年2月1日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。