占いツクール
検索窓
今日:11 hit、昨日:38 hit、合計:23,885 hit

22 ページ25

そしてあれから新しい年が明け、



ー2020.1月のある日の事ー



お母さん「じゃあ、お母さん、仕事行くからね。華も気をつけて行くのよ。」




「うん、ね、おじいちゃんは?」





お母さん「もうとっくに裕太くんと一緒に出かけたわよ。今日は、札幌で学会があるからって。」




「裕太くんも一緒に行ったの?」






お母さん「ええ、そうよ!お昼で終わるって言ってたから、午後からは、診療所開けるはずよ。じゃあ、行って来るわね!戸締りお願いねー!」




「はぁーい。」





この時は、全く、想像もしていなかった。






まさか、あんな形で、裕太くんが……、






「こんにちは。悠、」






そんな事も知らずに、私は、4年前に亡くなった彼のお墓参りに出かけ、




「でね、裕太くんと、雪うさぎを作ったのよ、」





月に1回は、こうして彼に近況報告をしに来てる。






「ねぇ、…悠、……裕太くん、どこにも行かないよね?……ずっと、これからも、私たち、一緒だよね?」




ずっと、これからも、一緒だよね…?

23→←21



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.4/10 (74 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
107人がお気に入り
設定キーワード:玉森裕太 , 北山宏光 , キスマイ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:流華 | 作成日時:2020年1月25日 6時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。