占いツクール
検索窓
今日:67 hit、昨日:89 hit、合計:17,545 hit

百四十 ページ8

遥「何!」
一期「遥殿!ご無事ですか!」
遥「アタシは大丈夫。てか何今の音」
一期「わかりません。今弟達が本丸内を見回っています。貴方はここで待機を」




バタバタと急に騒がしくなる。

なにか焦げ臭い気もしてくる。




厚「大将!」
遥「厚!何があったの!」
厚「門が燃えてる!」
全員「!」




アタシ達は目を見開いた。

火事だって…!?




厚「それに刀剣男士がちらほら見える。敵襲だ!」
遥「なっ」
奏「件の犯人か!」
厚「あぁ、おそらく。今大和守達が向かってくれた。大将は今すぐ避難してくれ!」




避難?できるわけが無い。

仲間を置いて逃げるなんて、アタシのプライドが許さない。

その気持ちを察したのか、一期と厚は説得しようと試みている。




厚「大将!」
「いや、逃げる必要はないさ」
全員「!!」
遥「胡蝶!」




突然聞こえた声の方をむくと、そこには肩から血を流した胡蝶が立っていた。




遥「アンタ、その肩の傷…!」
胡蝶「わっちのことはいい。それより犯人だ!」
奏「犯人がわかったんですか!」
胡蝶「あぁ。遥、落ち着いて聞きな」
遥「え?」
胡蝶「犯人は_______



























_______雛芥子とかいう女だ」

百四十一→←百三十九



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (40 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
613人がお気に入り
設定キーワード:刀剣乱舞 , 一期一振 ,
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2019年1月31日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。