占いツクール
検索窓
今日:66 hit、昨日:671 hit、合計:157,528 hit

百八十話 ページ31

スンヒの手からはじかれた剣は、回転しながら遠くへと飛ばされていった。


それをあっけに取られながら見ていた名家の長男は、自分がされたことに気づくと、顔を真っ赤にして怒鳴り散らす。




SH「お、お前はさっきからなんだ!?
何様のつもりだ!?」

JK「それはこっちの台詞ですよ。」



スンヒの剣を思い切り弾き飛ばした張本人であるジョングクは、テヒョンを庇うように前に出ると、スンヒの胸ぐらを掴み上げる。



JK「あんたがさっきから失礼の限りを尽くしてるこの人が、その、城で話題の隣国の皇子だよ。」

SH「な!?嘘だ!」

TH「本当なのです。」

JK「…とにかく、あんたじゃ話にならない。早く奥へ通して。」

SH「だ、だが!」

JK「これ以上、無礼な真似をするならこのままここで斬り捨てるけど?」

SH「わ、わかった!
お前達、この者達を皇后の元へ案内しろ!」


顔のまん前に剣を突きつけられたスンヒは顔を真っ青にしてとっとと私達へ道を空ける。






JM「ジョングクのあれ、確実に個人的な感情こもってますよね。」

『間違いなくそうだと思うわ。』




衛兵の後ろに隠れるスンヒを虫けらを見るような目で見つめる彼に苦笑いしながら、やっと進みだした使節団に付いて城の中を進む。















城の中の雰囲気も随分と変わってしまった。

全員がピリピリとしているのが空気で伝わってくる。
見知らぬものが入ってきた不信感がそうさせるのか。
前はもっと暖かな空気だったはずなのに…。






ソクジン兄様、ホソク兄様、ユンギ、ナムジュン先生…。

皆で笑いあっていた少し前までの日々を、昨日のことのように思い出すのに。














「こちらでお待ち下さい。」



衛兵に案内されたのは、国王の間だった。

お父様の体が回復したのだろうかと少しの期待を
もったものの、開いた扉の先、玉座に腰掛ける人物を見て、激しい落胆を覚える。










































「お前、どこかで見た顔だな?」

TH「…。

お久しぶりです、皇后様。」




静かに伸びた声に、体が凍りついたように冷えていく。

久しぶりに聞いた彼女の声は、以前に比べて更に冷たさを増したような気がする。




「お前、姫と城にいた男だな?まさか隣国の皇子だったとは…。皇子自ら密偵を引き受けるとは隣国もなかなかやりおる。」

TH「皇后。

密偵などと…私はそんなつもりでこの城にいたわけではありません。」

百八十一話→←百七十九話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (397 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1752人がお気に入り
設定キーワード:BTS , 防弾少年団 , 韓ドラ   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミロ(プロフ) - Agust dさん» そんな彼の頑張りに気づいてくださって嬉しいです(*^ω^*)この先の彼らは私もきになるところなので、また描かせてくださいね(o^^o)応援ありがとうございます!! (10月22日 17時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - Agust dさん» わぁ!最後まで読んでくださってありがとうございました(´;ω;`)このお話の中で、ジミンは1番気持ちを我慢してたけど、もしかしたら誰よりも主人公を好きだったんじゃないかなーなんて思って最後終幕でぶつけてしまいました(笑) (10月22日 17時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)
Agust d(プロフ) - この作品のなかで本当にジミンさんは男らしくて、一番大好きな存在です。 続編のようなものが出るのを楽しみにしています! これからも更新ファイティンです♪ (10月22日 6時) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
Agust d(プロフ) - 皆が幸せになったはずなのに、そうじゃない気がして心が締め付けられました。 テヒョンさんとの別れやグクとの再会のシーンでは私の涙は、ギリギリ耐えていましたが、終幕のジミンさんの言葉にやられました (10月22日 6時) (レス) id: fea73733b9 (このIDを非表示/違反報告)
ミロ(プロフ) - ふうちゃんさん» ふうちゃん様 恐れ多すぎるお言葉ありがとうございます( ; ; )少しでも心に届いたのならとても嬉しいです!(o^^o)昔のお話とかっていいですよね〜!愛情表現がまっすぐというか。そういうのが書いてて楽しかったです!素敵なコメントありがとうございました(^^) (10月9日 23時) (レス) id: 5bc7eaedbd (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ミロ | 作成日時:2019年8月17日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。