占いツクール
検索窓
今日:208 hit、昨日:1,035 hit、合計:133,049 hit

20.つづき ページ20

「おじゃまします!」

リビングに入るなり、


「…めっちゃおるやん」

姫はだらだらしているうらしませんを見て、静かにそう言った。


「実はね……」


さかをカバンから出して、


ダンボールを拾ったこと、

今まで他人には彼達の姿は見えなかったこと、

そして姫が4人の事が見えるのに驚いていること。

その全てを、彼女に話した。

ーーー

「そう…なんや」


驚いた様子の姫の足元に、せんがやってきた。


「おれ…この人どっかで見たことある気がする」

「えっ」


せんの方を見ながら不思議そうな目をする姫。


「せんの気のせいちゃう?」

「そうかなぁ?…前髪タイプやわ」

そう言い残したせんと入れ替わりにやってきたしまは、

制服のスカートを履いている姫の脚を見て、

「Aと同等。合格」

「なにがやねん」

私はしまの顔を人差し指と親指で挟んで、むにゅむにゅする(語彙力)(デジャブ)


「やむぇろぉやぁ」

「かわいい……」

「でしょ?」


その時、初めて姫の笑顔を見た。


___この子なら、4人のことを分かってくれる。


全てを話す前にそう告げた私の勘は当たっていた。



「姫、たまに家に遊びに来ない?」

「え、ええの?!」

「うん!」


だって。

しませんは姫のこと気に入ったみたいだしね。

うらはまだ警戒してるけど。

さかはミニドーナツほおばってるし。


「じゃあ、暇な時来るー!」


また明日!と言い残し、彼女は去っていった。


クールだと思っていたのに。

意外と可愛いとこあるじゃん。


そんな事を考えていた私には。


.


「……計画通り」


彼女が私の家から出た後に、

右の口角を少しあげながら静かに呟いた事なんて。



知るよしも無かった。

21.自爆(リク)→←19.Crisis(リク)



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (154 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
598人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 歌い手 , 短編集
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

かふ - 東京特許許可局局長@ラさん» 検討してくださるんですか!?ありがとうございます!他の作品もあるので面倒臭かったら大丈夫ですよ!!これからもガンバです!!!!! (3月25日 22時) (レス) id: c172b12d8c (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - 亀さんさん» わーい!ありがとうございます!! (3月25日 19時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)
亀さん - 完結おめでとうございます〜!他の作品も見ます!頑張ってください! (3月25日 17時) (レス) id: 6071deca71 (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - ともか@推しが尊い連盟さん» ありがと!やったー!! (3月25日 7時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)
東京特許許可局局長@ラ(プロフ) - かふさん» コメントありがとうございます!番外編かー!いいかも()検討してみます!! (3月24日 22時) (レス) id: 57ff3c7e95 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:東京特許許可局局長 | 作者ホームページ:http://commu.nosv.org/p/skrnun  
作成日時:2020年2月13日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。