占いツクール
検索窓
今日:68 hit、昨日:1 hit、合計:12,971 hit

小さな侍 ページ2

小さな侍



×××



「――――まとめてたたんでしまえェ!!」




 木刀を持った子供がわっと襲い掛かる。
 冷めた眼で高杉はその姿を瞼に納め、手に持った木の棒を握り締めた。


 名門講武館でさえ手に余るほどの才覚の持ち主である高杉も、この程度のこと、取るに足らないことであると、そう見下しながら構える。


 鬱陶しかった。一々文句を振りかけて来る塾生も、ただ仕返しをしただけで叱る父親も。

 己の持つ力は、意味のない戦いにいずれ使われる事となるのか。高杉は日々を忙しく移ろいゆく景色に笑われていた。


 ――――高杉と桂、塾生の間をはっきりと分けるようにして刀が石畳に突き刺さる。

 塾生たちは困惑に立ち止まった。高杉は目に映る真剣に驚きを隠せない。




「ギャーギャーギャーギャーやかましいんだよ。溌情期かおめーら」




 気だるげな声にその場にいる誰もが顔を上げた。瓶覗(かめのぞき)のような銀色に、癖がかった髪の毛の少年は、木の幹に寄りかかりこちらを見降ろしていた。




「稽古なら寺子屋でやんな。学校のサボり方も習ってねェのかゆとりども」




 やがて立ち上がると「しらねェなら教えてやろうか」と言うが、それに反論する塾生。しかしそれを無視し少年は軽い動作で木から飛び降りた。

 足の裏でしっかりと塾生の顔面を踏む。どふ、と音を立てて気絶した塾生の背を踏む少年は、小指で鼻をほじり他の塾生たちに目を向けた。




「侍がハンパやってんな。やる時は思いきりやる。サボる時は思いきりサボる。俺がつき合ってやるよ、みんなで一緒に寝ようぜ」




「誰が寝るかァ!!」




「許さんぞ貴様!!」




 木刀を構え走り出そうとする塾生たちの前に――ふ、と影が落ちる。


 何もかもを見透かすような瞳が高杉を射抜き、どきりと心臓が脈を打った。




「――――銀時」




「うわっ、こいつ、いつの間に!?」




 ぴたりと足を止めた塾生たちに、拳骨が落とされその場に崩れる。銀時という少年の顔が青ざめた。松陽の登場に、三人の前に現れた少女は横に退いた。




「……銀時、よくぞいいました。そう……侍たるもの、ハンパはいけない。多勢で少数をいじめるなどもってのほか。ですが銀時。君たちハンパ者がサボりを覚えるなんて100年早い」




 こつんという音のわりに合わず、銀時の身体はありえないほどの速さで地面へめりこんでしまった。



 

.→←野良犬



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (45 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
154人がお気に入り
設定キーワード:銀魂 , 高杉晋助 , 坂田銀時   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ルアルア(プロフ) - 神月さん» コメントありがとうございます!ありがたいお言葉本当に感謝します...相変わらずの低浮上ですが、読者様のお言葉を励みに頑張ってまいります!! (8月30日 10時) (レス) id: 61b26fbf84 (このIDを非表示/違反報告)
神月(プロフ) - 読み応えがすごくあります!次の話がとても気になります!面白いです!作者様のペースで、更新頑張ってくださいね。応援してます! (8月27日 6時) (レス) id: 52a5891399 (このIDを非表示/違反報告)
ルアルア(プロフ) - ginさん» コメントありがとうございます! 更新は相変わらず遅いですが、面白いと思っていただけるような作品を目指して頑張って行きます! (7月8日 9時) (レス) id: 013413cedf (このIDを非表示/違反報告)
gin(プロフ) - 面白いです!更新頑張ってください! (7月4日 23時) (レス) id: e17fc6e5e7 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ルアルア | 作成日時:2018年4月7日 3時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。