占いツクール
検索窓
今日:489 hit、昨日:398 hit、合計:2,158,712 hit

#40 ページ40

.









7時45分まで、あと15分くらい。



急いで髪を整えて、



いつもしない色付きのリップを引いた。










女子力のカケラもない私にできるのはこれくらいしかないけど、



しげおかの前では「オンナノコ」でいたい。








違うかな、痛いかな...?



でも、やっと笑いあって話せるようになったんだ。











5分前に約束の場所に行くと、



しげおかはもう来ていた。



「行こうや」



いつものシンプルな、Tシャツにジーパン、ていう格好のはずなのに、



なんかかっこよく見える、というか、



特別に思える、というか。















なんでだろう。












いつもと違って、しげおかはやたら早く歩いたりしなかった。



私と常に歩幅は同じで、ゆっくり歩く。











わたしたちが海岸に着いた時にはもう8時を過ぎていて、



委員の先輩も後輩もみんないた。



しげおかにつられ、少し人気の少ない所に並んで座る。










バスの時と同じくらい近い距離なのに、



こんなにも心臓が破裂しそうに打つ。



右を見るとしげおかの綺麗な横顔があって、



ふいに目が合う。










くしゃっと笑った顔に、左頬にできる特徴的な笑窪。



うわぁ、もう、殺す気なんじゃないか、っていうくらい、



ぎゃうぎゅう心臓が締め付けられる。










花火の打ち上げが始まった。



地元の小さな花火大会だって聞いていたけど、



ぜんぜん小さくない。










むしろ、大きい花火がドンドン上がる。



ハート型とか、星型とかも。



その度に隣のしげおかは五歳児みたいに喜んでて、



その笑顔を見るたび心臓が破れそうになる、











最後の、大きい花火が打ちあがって落ちていく。



しゅうっ、と火花が消えた。



大きな音が消え、辺りが静寂に包まれる。



あぁ、この幸せな時間が。もう終わっちゃうのか。










腰を上げかけたそのとき、しげおかが消え入りそうな声で、



確かに、確かに言ったんだ。




































「...好きや」











.

#41→←#39



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (1791 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3435人がお気に入り
設定キーワード:ジャニーズWEST , 重岡大毅
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

抹茶ラテ(プロフ) - もうほんっと甘酸っぱすぎでキュンキュン通り越してギュンッギュンしました!!こんな素敵な作品をありがとうございました! (8月14日 0時) (レス) id: f561c365ea (このIDを非表示/違反報告)
アップルパイ - 不器用だけど、とっても優しい重岡くんにキュンキュンしました!これからもfight! (3月25日 14時) (レス) id: 21ade4ea86 (このIDを非表示/違反報告)
れんこ - 感動して目頭が熱くなりました、、 (2018年4月10日 21時) (レス) id: 3120da164d (このIDを非表示/違反報告)
TTR(プロフ) - とても面白かったです!感動しました!これからも頑張ってください! (2018年3月4日 12時) (レス) id: 7ecb9e6c11 (このIDを非表示/違反報告)
りんか(プロフ) - すっっごい感動しました! 涙が止まりません笑 楽しませていただき、ありがとうございました♪ (2018年2月16日 16時) (レス) id: a0bd5d5d2f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ましろ | 作成日時:2016年12月15日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。