占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:0 hit、合計:1,237 hit

ようこそNRCへ ページ3

学園長side

学園長)
今宵は月が美しい…おや?あそこで人が倒れていますね…

私は、夜の見回りをしていると中庭のベンチの上に物影を見たので近寄ってみました。私、優しいので。
近寄ると……これは美しい女性……いや少女が横たわっていました。

さしずめ『眠れる森の美女』かの様に。

学園長)
もしもし?貴女大丈夫ですか?

??)
………ん…

学園長)
(良かった、意識はあるようですね)もしもし?起きられますか?

??)
………ん……もう朝?

彼女が目を覚まして身体を起こすと

??)
………!!学園長様!!///

学園長)
私を御存知で?

??)
御存知も何も………私、学園長先生が大好きで、スマホの待ち受けも、学園長先生なんです///

私は、この神秘的な少女に思わず見惚れてしまって………あっ!誰ですか?私をロリコンだと云ったのは!!決してロリコン等ではありません!コホン、取り乱しました。

学園長)
貴女……何処から、この学園に来たのですか?

??)
学園長先生に起こされる迄の記憶が無いのです………

これはまた、何と嘆かわしい。かと云っても、この様に美しい彼女を放置する訳には行きません!この私が保護して差し上げましょう!私、優しいので。

学園長)
そうでしたか……それは、お辛いでしょう。一緒に来て下さい。

??)
ありがとうございます。

学園長)
所で……お名前を伺っても宜しいでしょうか?

??)
私は、ミヤビと申します。

学園長)
大丈夫ですよ、ミヤビさん。暫く、この学園に留まる事を許可します。着いてきてください。

私は、ミヤビさんを連れて自室に向かう事にしたのです。

ー学園長・自室ー

学園長)
貴女は、今夜此方で休んでくださいね。

ミヤビ)
ありがとうございます、学園長先生。

学園長)
あぁ…久しぶりに、その様に丁寧に呼ばれましたね〜…貴女は、何と良い子なのでしょう。私、感動すらしています。

ミヤビ)
そうなんですか?学園長先生の優しさが、この身には、とても嬉しく思います。

学園長)
えぇ、えぇ。そうでしょうとも。まぁ、貴女が何処から来て、何処に帰るのか……ゆっくり探しましょう。お手伝い致しますよ?
私、優しいので。

ミヤビ)
ありがとうございます。

学園長)
こんな時間です。もう、お休みください。明日、先ずは先生方に話をして来ます。この部屋から出ないでくださいね?

ミヤビ)
おやすみなさい。

NRC生活1日目→←前世の話からの………



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 5.5/10 (4 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3人がお気に入り
設定キーワード:ツイステ , クルーウェル , クロウリー
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:iceblast5 | 作成日時:2020年12月2日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。