占いツクール
検索窓
今日:110 hit、昨日:109 hit、合計:18,736 hit

彩side↓ ページ35

久しぶりのkz集合、ルンルンっ♪

私は警察に注意されるんじゃないかってぐらい、猛スピードで自転車をこいだ。


途中、何回か電柱にぶつかりそうになったのはヒミツ。






集合時間の10分前なのに、もう皆来ていた。

ごめんね、と中学生の頃みたいに謝って小塚君と黒木君の隣に座る。




黒「久しぶり。また綺麗になったね、アーヤ。」

甘い声でそんなことを言うもんだから私は耳まで真っ赤になってしまった。


若「そこ、やたらとイチャつくんじゃない!」

ギロリと睨まれ私は身構えた。


上「余計なトコで茶々入れんな。」

若「じゃあ上杉は黒木とアーヤがイチャついて良いのかよ。」

翼「わー、上杉、黙りこんだ。」


翼がニヤニヤしながらからかう。


小「あ、のさ。若武は何で集合かけたの?」

若「それはだな、」


わぁ、切り替え、はやい!

ま、そこが若武の良いトコなんだよね。


若「諸君の近況報告だ!」


私はすごく嬉しいんだけど。


上「くだらな。高校生は忙しいんだ。そんなことやってる暇は無い。」


出ていこうとする上杉君を無視して、忍が話しだした。






忍「えっと最近、俺は数学にハマってきた。」


ドアノブに手をかけた上杉君の耳がピクリ、と動く。


忍「IT関係の事してたら数学が必要だろ。で、色々勉強してるうちに虜になった。」


忍は続けた。



忍「上杉、πについて教えてよ。」


上杉君は盛大に溜め息をついて、ドアノブから手を離した。







忍、すごいっ!!


意外と策士かも。









★帰り道★★★


一番最後に家を出た私は、塀に寄りかかっている上杉君を見つけた。


彩「上杉君、どうかしたの?」

上「お前、話した事、誰にも言うなよ?」



私は頷き、耳をかたむけた。


上「…………いや、何でもない。」


何よ、期待させておいて……。


上杉君は優しい微笑みを浮かべた。


上「じゃーな。」

彩「…ん、バイバイ。」







やっぱり、上杉君はいつも謎を置いていく。


しかも、特大級の謎。






上杉君は、何を言おうとしたんだろう。




何を、知っているんだろう。









そんな事、私に分かるわけ無い。

頭に浮かぶ彼女 →←誰だっけ?


ラッキーアイテム

ヘアゴム

ラッキーアルファベット

X

ラッキーkz

坂東菜摘


目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.5/10 (47 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
38人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

花桜L - ゆきさん» 3DS、PCが対応していないんですよ…トホホ… (9月16日 12時) (レス) id: 4c799f114d (このIDを非表示/違反報告)
ゆき - あの、遥さんのイメ画なんですけど、ゆる女子メーカーで作ったら良いと思います!結構可愛いのができますよ(*´ω`*) (9月9日 14時) (レス) id: 74a3dbf8fd (このIDを非表示/違反報告)
花桜L - 鬼跡さん» ありがとうございます!私には人にあげられる文才は無いです…どこかに文才売ってる所、ないかしら…w (9月8日 14時) (レス) id: 4c799f114d (このIDを非表示/違反報告)
花桜L - ゆきさん» そんなことを言ってくれるなんて…感涙っ!←自分の語彙力を恨みます。 (9月8日 14時) (レス) id: 4c799f114d (このIDを非表示/違反報告)
鬼跡 - すごく面白いです!あの少しだけで良いので文才の方を分けてくれませんか?www( ˙-˙ )応援してます!更新頑張って下さいね! (9月8日 9時) (レス) id: a065501dc8 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花桜L | 作者ホームページ:http://uranai:nosv.org/u.php/hp/elu  
作成日時:2019年4月21日 8時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。