占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:10 hit、合計:3,061 hit

13 ページ15

やっと止まった場所。

それはプールサイド。

屋上にプールがあるこの場所は
体育でプールの授業があるときにだけ
出入りが許されている場所。

それを知っているのは3年生くらい。

そう。ここに連れて来たのは



「ごめんな。突然、連れ出して…」

他でもない健水だった。

さすがに連れて来た本人も息を切らしている。

「あのっ…私に…何かっ…用、ですか…」

お互いに息を切らし、上手く話せない。

健水は、きちんとほのかと距離を置いて
息を整えてから

「たぶん、昼休みとかって教室におるだけでも
しんどいやろうなぁと思って」

その言葉にドキン…としたが
久しぶりに走ったせいで動悸なのかなんなのか
ほのかにはわからなかった。



「だからって無理矢理、連れ出してごめんな」

何度も謝る彼に

「…そんなに、謝らないでください」

と言うとき、ふと目が合った。

そして瞬時に逸らした。

お互い、恋愛初心者である。

14→←12



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 8.5/10 (6 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
8人がお気に入り
設定キーワード:風男塾 , 愛刃健水
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

星空宇宙(プロフ) - すぐ帰るとことか同じ過ぎる (12月5日 21時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 今の私の現実と同じすぎて奏音ちゃんの表現力に鳥肌たったしめっちゃ跳び跳ねてる! (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)
星空宇宙(プロフ) - 奏音ちゃんありがと( *´艸) (12月4日 19時) (レス) id: 4c7289b17b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:空井 奏音 | 作者ホームページ:なし  
作成日時:2020年12月4日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。