占いツクール
検索窓
今日:15 hit、昨日:30 hit、合計:10,648 hit

7 ページ7

巻いていたマフラーで口元まで上げて顔を隠して

珍しく自動改札の無い有人の改札を抜けて

少し離れてAの後に続いてホームへ向かう


ホームに設置された自販機でお茶を買ったAに続いて

僕も水を買おうとしたら

自販機にはすでにお金が投入されていた


水を買ってお釣をとってAの方を見るけど

Aはベンチに座ってお茶を飲んでいて

やっぱ僕の方に視線を向ける事は無かった


電車が着いて乗り込む

横並びの二つの席をおさえてるけど

Aは僕と視線を交わすことなく

さっさと自由席の車両に乗り込んでっ行ったから

通路側の席は空いたまんま


きっとこれからもこんな風に

Aは僕の仕事を理解して行動してくれるんやろ


自分らのグループが今崖っぷちな事も理解しとるのに

Aの気持ちがせつなすぎて

メンバーに結婚を打診した


メンバーはみんな一瞬言葉を無くしたけど

それでも

僕の決断を受け入れてくれて

何度も僕と一緒に事務所に頭を下げてくれた

8→←6



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:丸山隆平 , 関ジャニ∞ , 誕生日
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:UTA | 作成日時:2020年11月25日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。