占いツクール
検索窓
今日:54 hit、昨日:49 hit、合計:10,417 hit

6 ページ6

涙をこらえながら



「・・・A」



弱々しくまた名前を呼ぶ僕に



「隆くんに名前呼ばれるたんびに」

「どんどん自分の名前が好きになる」


「隆くんの話す言葉は魔法みたい」


「・・・いつか・・・」

「・・・いつかきっとお父さんにも届くよ」


「私が隆くんと一緒におれたらそれだけで十分幸せなんやってこと」



そう言うて僕から離れてニッコリ笑うと



「駅まで競走ね」

「負けた人は勝った人の言う事何でもきくんな」


「行くよ?よーいドン!」



突然そんなこと言うて

ワンピースの裾翻してヒールやのに駆け出した


一瞬呆気にとられて

その後ろ姿を見とったけど

慌てて後を追う


追いついてAの顔見たら



「ヤバっ」


って笑うから

車もほとんど通らん暗い歩道を二人でケタケタ笑いながら走る


駅の手前からダッシュしてAより先に駅前のロータリーに着いて

息を整えながら振り返ってAを待つ


人は少ないけど明るい駅前の歩道で一瞬立ち止まった後

Aは僕の事をチラリとさえ見ること無く

上がった息のまま僕の横をすました顔して通り過ぎた

7→←5



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:丸山隆平 , 関ジャニ∞ , 誕生日
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:UTA | 作成日時:2020年11月25日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。