占いツクール
検索窓
今日:56 hit、昨日:49 hit、合計:10,419 hit

15 ページ15

Aは肩に置かれてた僕の手を取ってそのまんま両手を繋ぐ



「せっかくの特別やのに

ボロボロの顔とブラっちなんてありえへんやん?」


「大切な思い出はやっぱ綺麗やないとね」



そう言うてイヒヒっていたずらっ子みたい笑うと

片手だけ離して

でも繋いだ手はさっきより力が入ってて

そのまんま僕をベッドのそばまで引っ張ってった


あがらうこともせずに着いてった僕を振り返ると

ティッシュを僕の鼻に突きつけてきた



「ほら?チーんして?」



くすくす笑いながら

ぐいぐいティッシュを押し付けてきて



「イケメン隆くんに戻ってからポケットの中身ちょうだい」



そう言うて僕の一番好き笑顔で笑ってくれた


その笑顔に体から強ばりが解けてやっと動くようになった手で

そっとAの頬を包み込んで



「ポケットの中身何か分かったん?」



って言いながら唇を重ねた

〜終〜→←14



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (39 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
99人がお気に入り
設定キーワード:丸山隆平 , 関ジャニ∞ , 誕生日
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:UTA | 作成日時:2020年11月25日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。