占いツクール
検索窓
今日:4,645 hit、昨日:6,218 hit、合計:704,830 hit

5 ページ5

普通の日常5。





新しい環境。





五条
「ここが寮だよ。」


普通の部屋だった。
一人暮らしなら困らないだろう広さの部屋。


五条
「ほい、荷物。」


A
「あ、ありがとう。」


悟から荷物を受け取り、取り敢えず床に放置する。
部屋の窓からは、のどかな景色が見えた。
ここ、結構山の中にあるんだなぁ。


五条
「あ!後これ僕からのプレゼント。」


A
「えっ。」


ポイッと投げられた箱を慌ててキャッチする。


五条
「開けてみな。」


高級そうな箱を開けると、中には眼帯が入っていた。


A
「これは…?」


五条
「この眼さ、出しっぱだと疲れんのよ〜。」
「色々見え過ぎるしね。」
「だから、慣れるまでそれ着けな。」


A
「…だから、悟も目隠ししてるの?」


五条
「そんなとこ。」
「いいから着けて着けて〜。」


促されるまま、そっと眼帯を手に取り着ける。
しっかりした素材で出来ている。
これは…、結構高かったのでは?

眼帯を着けた私を悟はじっと見つめ、笑った。


五条
「…うん、いいね。似合ってる。」


わしゃわしゃと頭を撫でた。


A
「……変態。」


五条
「酷い言われようだなぁ。」


A
「…いいの?こんなの貰って。」


五条
「もっちろん!その代わり訓練は大変だよ〜。」
「危険なものもあるしね!」
「まあ、僕が基本ついてるから大丈夫さ!」


グッと親指を立てながら笑顔でそう言い切った。
本当に傍に居てくれるんだ。よかった。


A
「…ありがとう、大切にする。」
「訓練も頑張るよ。」





A
「あとさ、聞きたかった事があるんだけど…。」


五条
「ん?なに?」


A
「五条家の落し物ってーー


プルルルルル


五条
「お、電話だ。ちょっとごめんね。」
「……はーい、今すぐ行きまーす。」


悟は携帯をポッケに仕舞い、めんどくせー。と、ため息をついた。


五条
「その話は、また今度って事で。」


A
「…うん。」


五条
「じゃ、僕行かなきゃだから。」


荷解き頑張ってね〜。と、一言残して彼はどこかへ行ってしまった。


A
「…また今度聞けばいっか。」
「さ、荷解きしよ。」





また今度。

6→←4



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (254 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1205人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 伏黒恵 , 五条悟
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

mito(プロフ) - 稲荷さん» ありがとうございます! (1月16日 12時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
稲荷 - ふおぉぉぉ!更新頑張って下さい! (1月16日 6時) (レス) id: cdc9489625 (このIDを非表示/違反報告)
mito - 琥珀さん» あんまり恵の出て来てないので、現時点では五条落ちになると思います。更新頑張ります。 (1月15日 17時) (レス) id: bf0506b15b (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)
琥珀 - 是非、五条悟落ちでお願いいたします。 (1月15日 16時) (レス) id: 8685377221 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:mito | 作成日時:2021年1月13日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。