占いツクール
検索窓
今日:150 hit、昨日:191 hit、合計:397,910 hit

嫉妬【うらた】 ページ1

さすがに遅くなりすぎた。

今の時間は23:00ちょい前。
なんでこんなに焦っているかというと…




ガチャッ

『ただいまー…』

「…」



今目の前にいる彼氏です

「遅くなるなら連絡しろって言ってるよな」

『ごめんなさい…携帯充電切れちゃって…』



「はぁ…で、誰とどこ行ってたの、男…?」

めっちゃおこです。
遅くなって連絡できなかった私も悪いけどこんなに束縛する必要ないでしょって言いたくなる。

それを言うと喧嘩になるのは分かってる。だから心の中にしまっておこう。

『男なわけないじゃん。友達と遊んでたの。もういいでしょ、疲れたからお風呂入る』


腹が立ってちょっと強めに言い返してしまった。
うらたの表情を見たいけどさすがに振り向くわけにはいかない。

リビングに荷物とコートを雑においてお風呂場に直行。
ちょっと言い過ぎたかな、なんて思いながらお風呂につかった。







お風呂を出て気づいた。

まって私着替え持ってくるの忘れた。


…今声かけて持ってきてもらうとかタイミング悪すぎない?!ァァァァ最悪

でもずっと裸でいるわけにも…
あ、バスタオル巻くべき?それでササッと取りに行こう!



ドアを開けて取りに行くとソファーでぼーっとしているうらた
私の存在に気づいて話しかけてきた。

「何してんのそんな格好で」

『パジャマ忘れちゃって…』

「俺呼べよ…風邪引くだろ…」

『っっ…ごめん』


うらたの気遣いが嬉しくて胸がつまった。考え過ぎなの私だけなのかな…



気まずい空気が流れる中、同じベッドに入る。
普段私達はいちゃいちゃするカップルとは違い同じベッドでも背中を向き合って寝ることが多い。

もう寝たのかななんて思って振り向こうとしたとき、
「起きてる?」

『うん』

「ごめん、」

『なんで謝るの?私のほうがゴメンじゃん…言いすぎてごめん…私が悪いのに八つ当たりして…』

「あとからよく考えると、そうやって疑うのが信用してないって思わせたと思って」

『んーん、そんなことないよ。私のこと心配してくれてるって思ってた。』

「それもある」なんていいながら私を後ろから抱きしめた。そしてもう一度、「ごめん」そして…「…すき、だいすき」

『私も』

背中に暖かさを感じながら私は目を閉じた。

事後【志麻】→



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (293 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1126人がお気に入り
設定キーワード:浦島坂田船 , 短編集 , 歌い手
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

れおなちゅ(プロフ) - 皆さんコメントたくさんありがとうございました。この作品を書いていて皆さんのコメントにたくさん救われました。本当にありがとうございます。感謝しかないですね。ありがとう以上の言葉ってないんですかね。それでは新作書きに行くとしますか。 (3月4日 22時) (レス) id: ca0a69caca (このIDを非表示/違反報告)
ごぼ(プロフ) - お疲れ様です。最高に幸せでした。今度はセンラさんの長編も早速お気に入りして更新待っております。この作品でれおなさんに会えてよかったと思います!この度はこの作品完走できておめでとうございます! (3月1日 9時) (レス) id: 6f9406ce8b (このIDを非表示/違反報告)
名無し16825号(プロフ) - 裸エプロンとかいいですよね (2月28日 14時) (レス) id: 8fbf982787 (このIDを非表示/違反報告)
刹那 - !?!?!?!?!?!?最高過ぎです…私のリクかは知りませんが書いていただき、ありがとうございます!! これからも応援してます!!! (2月27日 22時) (レス) id: 6e866ae0d2 (このIDを非表示/違反報告)
Rinara* - これ…私のリクエストですか!?めっちゃ嬉しいです!ありがとうございます!ニヤニヤしながらずっと見てました← (2月27日 17時) (レス) id: b08831265b (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:れおなちゅ | 作成日時:2020年1月3日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。