占いツクール
検索窓
今日:515 hit、昨日:724 hit、合計:227,290 hit

三話 ページ5

雨宮side




附子美那に呼び出された。



此はもう確定かな。




証拠を撮っておいて、私の異能でコピーした太宰君の『人間失格』であの女の異能にかからないようにすればいい。



きっと、探偵社の人は私を信じてくれる。




大丈夫。





大丈夫。





美「雨宮センパぁい。


センパイ、ぶっちゃけ言って、ウザいんですよぉ。



消えて貰いまぁす❤️





スゥキャアアアアアアアアアアアアア!!!」




オシ、録音完了、ついでに録画完了。




敦「どうしたんですか?!



……………………………え、美那、さん?どうしたんですか?!その手は!」



敦君は、私を見た。




こう言うときに疑いがかかるのはお約束だろう。



雨「私じゃないです。

誓って、違います。」



国「そんな嘘が通じるかと思ったか!


お前の異能は簡潔に言えばコピーだ!



美那が異能を操ることは出来なくても、お前になら可能だ!!


従って、証拠が在っても意味をなさない!





……………お前がそんな奴だとは思わなかった、雨宮!!!」



国木田君の鉄拳が頬にとんだ。



避けられたけれど、避ける気もなかった。





最早、全てに失望した。





な「美那さん、手当てをしましょう。」




太「………何を、やったんだい。」




雨「太宰君、私じゃない、私、やってない!



お願い、信じて………。」



必死になって叫んだ。



太宰君なら分かってくれる。




太宰君ならば。




きっと____________________




太「君がそんな奴だとは思わなかったよ。


一度ならず、二度までも………。



君は知らないだろうが、織田作は死んだ!!


君の異能を使えば助けることは容易だったんだ、なのに君は!

何も知らずにのうのうと__________



私は、君を一生許さないよ。」





織田くんが、死んだ?



嘘だ、あの人は約束してくれたんだ。



私が16才になったら、付き合ってくれると。




私を愛してくれると。




そんなことは、信じない。






信じたく、ない。





信じるものか

四話→←二話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (141 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
350人がお気に入り
設定キーワード:文スト , ヒロアカ , 落ち未定
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

Ray@二次元LOVE(プロフ) - 太宰さんにクソ悪女の異能って効くの…(´・ω・`)? (5月16日 23時) (レス) id: 0d5710c941 (このIDを非表示/違反報告)
夜小雨(プロフ) - 物語がとても面白くてついつい引き込まれてしまいます!これからも頑張ってください!応援しています! (5月12日 14時) (レス) id: 435fb5f69f (このIDを非表示/違反報告)
音奏 - 太宰さんって元歴代最年少幹部ですよね。悪女は、脳内お花畑だし、社員は、偽善者ばかりだし、夢主が、かわいそうです。 (4月14日 10時) (レス) id: 0e776977f0 (このIDを非表示/違反報告)
- 太宰さんが屑過ぎて悲しい。そして雨宮ちゃん可哀想ですね…(涙)中也さんが雨宮ちゃん側で出てほしい……(/ω・\)チラッ)読みやすく、また戦闘シーンが格好いいです!更新頑張って下さい!! (3月23日 13時) (レス) id: a2b9405f4b (このIDを非表示/違反報告)
梶井さんが好きな岩野泡鳴(プロフ) - 太宰さんが人のせいにするなんて早々ない…悪女の能力は人のせいにする…はっ、ま、まさかあの場にいた…とか…!?!?!?(おい) (3月21日 20時) (レス) id: 6343f47515 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ゆい | 作成日時:2019年2月26日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。