占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:2 hit、合計:55,400 hit

願いの為に* ページ34

.




『___あぁやっと!やっと願いが叶う!!』

『ずっと待ってた!!ずっと探してた!!』

『せっかくの神様からの贈り物を無駄にせずにすんだ!』


"私は"目を覚ますと禰豆子が不安そうに覗いていた。

外を見ると動いてる...つまりここは汽車の中ね。もうここまで進んだんだ...でもちょうどいいわ。


「ふー!!」

『うふふ、初めまして禰豆子・・・そしてまたね』


そう言って私は汽車の後方へと歩いた。
前方は主人公がいる。なら念の為近づかない方がいいわね。

こうして、私は邪魔な羽織りと刀を置いて歩いた。

正直、この隊服も脱ぎたいけれど...服がないから仕方ないわ、まぁつかの間の鬼殺隊を楽しんでおこう。


『ふふ・・・』


ここまで長かった、しつこかった。

誰のおかげでこの世界に来れたのか、誰のおかげで生きてこれたのか。

あの時、鬼に襲われた時に鬼を押さえつけたのは私なのに...まぁ、私の体になる予定だったから死なれちゃ困るってだけだけど。

ここで最強夢主とかありえないから。

そこは原作にわかで本当によかったわ、お陰でこんなに扱いやすい。私の存在に気付いただけでもう貴方は用済みなの。


「___やっと見つけたなぁ」

『ん?』


あれから四つ目くらいの車両でそいつは現れた。

あーあ、無惨てばこんな野郎まで鬼にしちゃったの...そういうドSな所も好きだけど。


『久しぶり、お父さん』

「___お前さえ連れていけばもっと強くなれる、血を貰える、あぁ・・・あぁ!!」





『___とりあえず死ね』


そう言って私は影に触れた。


『___ひらり、ふわりと 先ゆく誰かの 影を踏む』


すると私の影は動き出し刀を持ってお父さんに襲いかかった。いや、正しくいえばこの身体の影...なんだけどね。


『血鬼術___影踏み流血』


そう言った私の瞳は真っ白に光った。

.

カワイソウナ人*→←前奏も長いとしんどいよね



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (50 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
132人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 女主 , キャラは崩壊して塵になった。   
作品ジャンル:ギャグ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ユウゼンキク - え、あれ...誉めてなかったのか...。そして今更ながら気付いたある言葉、<<キャラは崩壊して塵になった>>に噎せた...うん!!(爆笑) (8月26日 17時) (レス) id: 0c71642d46 (このIDを非表示/違反報告)
ユウゼンキク - いや、スマシュッとかは楽しいけどさ!?けどさ!?せめて出ようとしてあげて!?うん!!(悶絶) (8月25日 6時) (レス) id: 0c71642d46 (このIDを非表示/違反報告)
夏終朝凪(プロフ) - 続きがすごく楽しみです!とても面白いです!これからも更新頑張ってください!楽しみにしてます(*´▽`*) (8月19日 21時) (レス) id: 8142368f1e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:アカツキ(猫) | 作成日時:2019年8月15日 21時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。