占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:67 hit、合計:16,087 hit

本部から電話 ページ32

夜にはクリントに電話するが
次から次へと電話を取られ

ソー「ハンマー持って助けに行くぞ!」

(え?大丈夫。クリントかわって…)

ワン「A虐められてない?」

(みんな優しいよ!)

キャプ「手が足りなくなったらすぐ行く」

(うんうん、クリントは?みんな?)


電話のむこうでは
携帯を返せ!って叫んでるクリント
まともに会話できず

スタ「スーツ貸そうか?」

(それは駄目だよ。ねぇ、クリントを…)

ラチがあかない

(おやすみなさーい。)

ピエ「ちょっ!A?!」


プチリ………

(ハァ………)

クリントにメールを打った

A:皆んながいないとこで電話してね。
おやすみ。

クリント:了解、無理するなよ。おやすみ。


クリントside

夜中に目が覚めた

クリ「A?!」

そうだった、いないんだった。

クリ「………流石にやばいな俺」

頭をガシガシかしていた。



本部では

Aの隊員達と談笑していた時だった

隊員1「ちょっといいですか?」

(あっ、はい。)

人がいない廊下に呼び出され

隊員1「一目惚れしました!付き合って下さい!」

(気持ちは嬉しいけど、ごめんなさい。)

同じ隊の人ではないが
Aはポーッとしながら
皆んなが居るとこに戻れば

ナタ「どうしたの?顔赤いわよ?」

(告白された)

ナタ「オッケーしたの?」

(しないよ!)

ナタ「モテるわね〜」

(モテないよ!)

隊員「Aさんはカッコいいですよ!」

隊員「ギャップがいいですよね!」

隊長「お前らなー」

隊員「隊長も助けて貰ってるじゃないですか」

ナタ「なんせ体がデカイから当たりやすいのよね」

隊長「ナターシャはきついなぁ」

(隊長はたくましくて素敵ですよ!)

隊長「ありがとう優しいなぁ。娘にしたいよ。」

そこに、コーヒーを持った

フィル「Aは私の娘だぞ」

Aの隣に座る
皆んなでワイワイ楽しく話し始めたのだ。




スタークと言えば

バナーとキャプテン、ソーとラボに集まっていた。

スタ「Aがいなくて良かったな。」

ソー「また二の舞になる。」

バナ「Aに秘密にしてて彼女平気かな?」

ソー「いずれ話す。」

スタ「こうしないと心配だ、前に石を持ってきた時Aは熱をだしたからな。」

キャプ「敏感だな」

スタ「ポッツにもっと慎重になれと怒られたよ」

バナ「たしかに、あれは心配したね。」

本部での戦いに→←本部で挨拶



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (41 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
82人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ナナミ(プロフ) - 岡Pさん» コメントありがとうございます!次をどうするか執筆中です。しばしお待ち下さいませ。 (7月26日 14時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
岡P(プロフ) - とても面白く、次の展開がどうなるのが楽しみで読ませて頂いています。更新楽しみしています。 (7月26日 1時) (携帯から) (レス) id: 8256504f4a (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - ななさん» 書き込みありがとうございます!とても励みになります。 (7月23日 15時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)
なな - いつも楽しく読ませていただいています!本当に好きすぎて毎日読んじゃってます笑 更新頑張ってください! 楽しみにしてます! (7月23日 13時) (レス) id: f72bdd49ee (このIDを非表示/違反報告)
ナナミ(プロフ) - 戦国娘さん» お気になさらないでください!読んでいただき嬉しいです! (7月17日 19時) (レス) id: 162c0f6f4e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:ナナミ | 作成日時:2019年7月11日 13時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。