占いツクール
検索窓
今日:355 hit、昨日:408 hit、合計:71,731 hit

くじらが87匹 ページ41

おれはこんなところで捕まる訳にはいかない
そもそもおれは捕まる気はない
おれを捕まえることなんて、できない

コツコツ、と走ることなくしかし早歩きで港へと男は急いだ

ギリィ、と奥歯を噛み、冷や汗を滴なから内心で愚痴をこぼした

くそくそくそ、俺の商売の邪魔しやがって!
今回は上物も入ったというのに!
……落ち着け、俺、金は持ったんだ、"あの人"に取り入れば俺はまた、返り咲け

『みつけた』

そんな声が聞こえて、振り返れば帽子をかぶった少年が上から降ってくるような格好で、
男にナイフを振りかざした

「っ!?」

男は驚いてごろん、と後ろに尻をつきそこまま後ろに転がるように逃げた
逃げられたのを見送る少年…Aはなんなく着地する
その後ろからシルクハットの男、サボも駆けつける

「こいつが頭か」
『そーみたいね』
「時間かけないでやるぞ」

「っ、っくるな!!どうしてよってたかっておれをいじめるんだ!!!」


男はそのまま気を失ったかのように、目を閉じた
なんだかことがあっさりと済んでしまって拍子抜けな二人は男を拘束すべく近づく


「!避けろ!」『!避けて!』

同時に注意を促し、後ろに飛ぶ
急所を庇った腕が切り裂かれ、血が飛ぶ

「おおおおおおおおおおれれを、いじめるなぁぁぁぁぁあああああああ」

気を失った男は、刃のついた鞭を振り回して立っていた

『二重人格か緊迫すると覚醒する的な?そういうやつ確か他にもいなかったっけ?』
「いた気がするな」

口調は軽いが、敵をまっすぐ見ながら二人は語り合った

.

くじらが88匹→←くじらが86匹



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
137人がお気に入り
設定キーワード:白ひげ海賊団 , ワンピース , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サンカヨー | 作成日時:2020年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。