占いツクール
検索窓
今日:614 hit、昨日:372 hit、合計:70,048 hit

くじらが69匹 ページ23

ザバン!!!


「百回いったか」
「いったな、たぶん」

エース対父さんの戦いは約束の百回目をむかえた
息を飲むような緊張から解放された皆が声を漏らす、俺ももちろんその一人だった

『くぅー…!!』

ブンブンと両手を握り上下を降る

「Aのその感情何?」
『興奮と!惜しさと!!俺もこんな風に戦ってみたい!って感情を必死に押さえ込んでる!!!』
「どーどーどー」

ハルタに聞かれ、そう答えるとイゾウに頭を撫でながら抑えられる

「うちの末っ子は意外と戦闘狂的なところあるよな」
「若いな」

サッチとビスタがそういう
だっってさぁ!!とまた両手をブンブンと降ってしまう

『父さんが能力使ったんだよ!?
思わず息を飲んじゃうくらいすごい戦いだったじゃん!!』
「最近戦闘に参加してないから興奮してるのか」
「次の訓練か戦闘の時荒れるな、これ」

フォッサとラクヨウがそう言う
デューが高いところから俺の頭を押さえて

「ルーキーが負けて悔しいか?」
『んんっ!悔しいけど、父さんが勝つって思ってたから!!
でもエースにも〜ッんぁ〜〜ッ難しいぃい!!』
「感情のメーターどっちかにふれよ」

ブラメンコも笑いながらそういう
とにかくその日は、自分の興奮が冷めることはなかった

くじらが70匹→←くじらが68匹



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (38 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
135人がお気に入り
設定キーワード:白ひげ海賊団 , ワンピース , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:サンカヨー | 作成日時:2020年1月24日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。