占いツクール
検索窓
今日:2 hit、昨日:0 hit、合計:3,029 hit

開始する【瀬戸内帝華/蓮@雫3318】 ページ6

いろいろと、面倒なことが起きている。
確かに皆のトラウマであろうオークションに連れてくるのは不味かったが…
「ある意味好都合」
私はオークションの壇上に登り微笑んでマイクを握る。
「初めまして、瀬戸内財閥の長。瀬戸内帝華と申します。」
皆がざわめく。どうやらあんなガラクタ(母親)でも頑張ってそれなりの地位は築いたらしい。
「今回は上物の能力者達をお連れしました。」
さあ、持ってきて。
黒服にそう言うと其処には


天秋といのりさんが捕まっていた。
天秋は血を流して意識不明。いのりさんは意識があって抗っている。
すると、金持ちが
「9000万!」や「1億!」など騒いでいる。
だから私は微笑んで






「誰が売る等と申し上げましたでしょうか?」
そう言った。
続々と能力者が集まってる気配がする。
…それにしても、天秋が刺されているから、思い切り引き抜く。
「いっ…!」
天秋は痛みに意識が戻ったらしい。そして、思い切り頬を張った。
「アンタは、死 んでも良いと思ったらしいけど、私の許可を取らずに死 ぬなんて、許さない。私の大事な手駒さん。」
ふわりと笑う。それが絵になっているのか、天秋は私に見とれてた。
なんでやねん←
そして、私は白の蝶を舞わせる。勿論回復製の、ね。
そして、私はお金持ちに向きなおる。
「わっち達の目的はオークション潰しでありんす。」
どれが本性か分からないようにコロコロと口調を変える。
「それでは、最高の悪夢を。」
他の能力者がドアを蹴破るのと、
私が血飛沫を舞わせて、返り血を浴びたのは、
同時のことだった。



この場にあわず、血飛沫と其れを浴びた私が綺麗だとため息をつかれた。

オークション同時潰し【邪鬼 恨/Mukuro444666】→←正義感の証明【絶鬼 妖/神出鬼没(鬼神 無黒)/Mukuro444666】



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (5 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2人がお気に入り
設定キーワード:この無慈悲な世界に能力で希望を , リレー小説 , 募集企画 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミコトまんじゅう.(プロフ) - (やべえ政府の所にはキャラの性格上行くのはあれだしな………大樹でのんびりします(((() (2月15日 15時) (レス) id: 910d2712c0 (このIDを非表示/違反報告)
天秋(プロフ) - いっぱいになりましたね〜!もう四章かぁ…早いなぁ…。 (2月15日 9時) (レス) id: f69f9f0f1e (このIDを非表示/違反報告)
蓮@雫3318(プロフ) - 更新しました!上限です。 (2月15日 9時) (レス) id: 57a1a02777 (このIDを非表示/違反報告)
蓮@雫3318(プロフ) - 更新します (2月15日 8時) (レス) id: 57a1a02777 (このIDを非表示/違反報告)
紫龍@トニック割り - ミコトまんじゅう.さん» コハルちゃんも政府の所に来たら?((((( (2月15日 7時) (レス) id: d104d608cb (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:omizu x他2人 | 作者ホームページ:無い。  
作成日時:2020年2月11日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。