占いツクール
検索窓
今日:7 hit、昨日:25 hit、合計:99,083 hit

023 ページ23

.

.


突然、廉くんに抱きしめられてキスをされる。


しかも、壁に追い込まれて。


所謂、壁ドンしながらのキス と言うやつを。


廉くんのキスは中学生の時よりも上手くなってて…


とろけるようなキスだった。


やっぱり、私との思い出は忘れてはくれてない。


そう思うと嬉しい。


しばらくすると離れる唇。


でも、それが何故か嫌で私からも背伸びして唇を重ねると応えてくれた。


『 …A…俺んち、来る…? 』


ぎゅっと抱きしめられて廉くんの突然のお誘い。


その反応に、頷くだけの私。


最初は怖かったのに、今じゃもう廉くんの虜。


その後は、廉くんのお家へ行き言葉があってるのかわからないけど


2年ぶりに、愛し合った。

024→←022



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (105 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
541人がお気に入り
設定キーワード:永瀬廉平野紫耀 , ジャニーズJr , 恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

永瀬れみ(プロフ) - お花さん» 有難うございます(^^) (1月16日 8時) (レス) id: 3415955afc (このIDを非表示/違反報告)
お花 - 読んでいてとても楽しいです!れみさんは学生さんですか?^^ (1月15日 23時) (レス) id: a708340d40 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:永瀬れみ | 作成日時:2018年1月13日 0時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。