占いツクール
検索窓
今日:111 hit、昨日:392 hit、合計:738,344 hit

◇112 (2017/03/17) ページ14

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆








S「おっ前はっ!!何されてんだよ!!こんなんなる位に噛み付かれて気付かないって…はぁっ!?」


「いや、あの……」


S「なに?それとも俺に言ってねえだけで、本当はヤられた記憶全部残ってんじゃねえの?」


「違いますよ!!」


S「だったら何だよコレ…お前、こんな事してんのにシカトするようなヤツの為に泣いてんの?」


「う……」


S「さっさと止めろよ、そんなヤツ」








はぁ…と、大きく長い溜息をついた後、俯いた櫻井さんは自分の後頭部をわしゃわしゃと掻いて。








S「もうさ、ホント良い機会なんじゃねえの?いつまでもウダウダしてねえでさ…」








よいしょ…と立ち上がると、ぽんと私の頭を軽く叩いてキッチンに向かって。


戻ってきた彼の手には大きい方の缶ビールが2本。


ほら…と渡された物をプシュっと開ければ、ココに来るようになって飲み慣れてしまったメーカーのビールの匂いが鼻を擽って。


俺ならだけど、という前置きで櫻井さんは話し始めた。








S「何とも思ってねえヤツに俺ならそこまで出来ねえけどな。何かしらの感情をお前に持ってるのは間違い無いんじゃねえの?」


「……ですよね」


S「俺を彼氏だとでも思ってんじゃね?…っつうか十中八九そうだろうな、ふざけた事しやがって」


「……ですかね」


S「宣戦布告のお返しが、お返しになって戻ってきた…ってトコじゃねえの?」


「だからソレ…何なんですか?」








グビ…と音を鳴らしながらビールを飲み込む櫻井さんは。


ん?って言ってみるみたいな、くりんとした瞳を私に向けて。


ゴクリと飲み込んだ後、あぁ…と小さく笑って私の方にちゃんと顔を向けながら。


見下ろすように目を細めて、クイ…と片方の口角だけを上げて微笑んで、自分の耳の後ろをトントンと指で叩いた。








S「しばらく前にさ、あったんだよね。お前のココに自分の存在アピールするみてえな真っ赤な痕」








上書きしてやったけど〜!とケラケラ笑う櫻井さんに私は呆然とするしかなかった。








そんなの、知らない。








櫻井さんにやられた記憶しかない。








S「頭の回転が早い誰かが、無防備すぎる誰かさんの超絶無防備なトコを狙ってやったとしか思えないけどね、俺は」








私は、気が付けば自分の掌で耳の後ろを覆うようにしていて。








フン!と櫻井さんは鼻で笑った。







 

◇113→←◇111



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (1580 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
2048人がお気に入り
設定キーワード: , 二宮和也 , オフィスラブ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

黒衣(プロフ) - 夏鈴さん» 楽しんで頂けたようで嬉しいです♪ …って1日で!?それは有難いやら恥ずかしいやら…(笑) 私の想像&妄想の世界を楽しんで頂けてホッとしています。そしてある程度のエロも欲しいよねと握手を交わせそうです(笑) (8月22日 3時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)
夏鈴 - もうやばかった!! ドキドキが止まらなくて、1日で全部読んじゃいました!!!可愛いとことか、エロいところとか全部が良くてすごく良かったです(o´艸`) (8月21日 3時) (レス) id: cc0d27b9ca (このIDを非表示/違反報告)
黒衣(プロフ) - 美江さん» 一気読みして頂いたんですね!ありがとうございます(*'ω'*) スマートなだけじゃないニノちゃんを書きたかったので、楽しんで頂けたようで嬉しいです♪そしてご主人様には個人的にも思い入れが…(こら) また私の作品に足を運んでいただけると嬉しいです♪ (2017年6月10日 23時) (レス) id: 9cf8dc8670 (このIDを非表示/違反報告)
美江(プロフ) - きゅんきゅんしながら一気に読みました。最後の方は、可愛くてかっこいいにのさんでニヤニヤしちゃいました。(^^)ご主人様のショウさんもいいですねぇ〜〜次の作品も楽しみにしています。大人作品も楽しみ〜〜 (2017年6月8日 22時) (レス) id: 0fa5fd6ecf (このIDを非表示/違反報告)
黒衣(プロフ) - るこさん» こんにちは♪ 一気読み、ありがとうです(*'ω'*) ご主人様、良きですよねぇ…可愛がられてみたい願望を気に入って下さって嬉しいです♪ とは言え彼はきっと甘やかしてくれないでしょうけどね(笑) 楽しんで頂いてありがとうございます♪ (2017年5月24日 15時) (レス) id: 9c82b495cf (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:黒衣 | 作者ホームページ:http:/  
作成日時:2017年3月12日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。