占いツクール
検索窓
今日:1,106 hit、昨日:1,624 hit、合計:234,297 hit

宇髄天元・微ピンク/桜餅様リク ページ14

「あ。有難うございます!宇髄さん」

音柱である宇髄さんに直々に稽古をつけてもらっていた

「おう、おめーも中々、いい感じだったぜ!柱にでもなれるんじゃねーか?」

「い。いえ、決してそんな滅相な・・・でも、頑張ります!」

「ど派手に頑張れよ!」

私は手ぬぐいで滴る汗を拭いてると、宇髄さんが近寄ってきた

「ど、どうかされたんですか?」

髪をおろしてる時の宇髄さんには凄いドキドキしてしまう。

でも、お嫁さん3人もいるんだよね、そうだよね、かっこいいもんね・・・

少し自虐気味になっていると、宇髄さんの手が私の腕を掴んだ

「ここ切れてるじゃねーか」

そう言って腕を見ると、確かに切れて血が出ているが、単なるかすり傷だ

「大丈夫ですよ、稽古つけてもらったんですから、この程度のかすり傷あって当たり前ですよ!」

私は元気よく言って、宇髄さんに礼をして去ろうとしたが、腕を放してくれない

「こんなに白い肌なのに、もったいねーな」

「ふぁ!!」

そう言うと宇髄さんはペロリと傷口を舐める

「宇髄さん、き、汚いし汗で汚れているので」

慌ててやめるように言うが、宇髄さんは舐めるのをやめようとしない

「ちょ、ちょっと・・・んあぁ・・・まっ・・てぇ・・」

「お前、派手に感度いいじゃねーか」

ニヤリと宇髄さんは笑うと、顔を真っ赤にしてる私に深く口付けてきた

「んっ・・・・あっ・・・ふぅ」

「俺の4人目の嫁にならねーか?」

不適に笑う宇髄さんに私はどうすればいいのか分からず赤くなった顔を下に向けた。

この稽古が終わるのは、まだまだ先になりそうだ


・・・・・・・・・・・・・・

初・宇髄さん派手によく分からなくなりました(;^_^A
桜餅様、こんなんで申し訳ないです;

ほわほわ・伊之助・あすみ様リク→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (128 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
253人がお気に入り
設定キーワード:鬼滅の刃 , 夢小説 , 逆ハー   
作品ジャンル:アニメ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

きく猫(プロフ) - りなさん» こちらこそ、リク有難うございますヽ(*´∀`)ノ (8月19日 5時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
りな - きく猫さん» 書いてくださりありがとうございます!!凄く良かったです!!応援してます!! (8月19日 2時) (レス) id: 55c1958e88 (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» リク有難うございます ^^) _旦~~頑張って書いてみます!載せる時は弐の方に載せたいと思います。 (8月18日 17時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
きく猫(プロフ) - 美桜さん» こちらこそ、有難うございます!ギャグにしようか迷ってたらお館様が大変な事になりました(;^_^A (8月18日 16時) (レス) id: 3ef4a4676f (このIDを非表示/違反報告)
美桜 - またリクエストいいですか?夢主柱で夢主と柱達が骨休めに夢主の実家の旅館に泊まる。夜中に鬼が旅館に火をつけて爆発してパニック。鬼を見つけて倒す。お願いします。 (8月18日 16時) (レス) id: 87339a530e (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:きく猫 | 作成日時:2018年8月13日 10時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。