占いツクール
検索窓
今日:10 hit、昨日:76 hit、合計:16,158 hit

最終話 さようなら ページ32

貴「っ……ずるいよ…っだって、忘れちゃうのに……っ」



ポロポロと流れる涙は止まらず、地面に落ちて行く



ミストレ「……一緒に、行こう」


貴「え…?」



差し出される、ミストレの手



ミストレ「俺と、未来に来て」


貴「…!!」



驚いたように目を見開くAだが

ふるふると、ゆっくり首を横にふった



貴「貴方と一緒にいたい。でも……私の世界はここだもの。ここにも私の大切な人達がいる。それにここが…私が、私らしくいられる場所だから」


ピカァッ



突如、バダップ達王牙を光が包む

それを見て、ミストレも別れを察しそちらへ行こうとAに背を向ける





グイッ



振り向き、Aの後頭部に手を回して引き寄せ、唇を重ねた



貴「…!」



Aは涙を流しながら目を閉じ、ミストレが存在している事を確かめるように、彼の服を握った

ゆっくりと唇が離され、ミストレはAの耳元へ顔を寄せる



ミストレ「さようなら、愛した人」



フッと微笑み、今度こそバダップ達の方へ行き

その光の中へ自ら入って行った


次の瞬間、チーム王牙は吸い込まれるように光と共に消えた


円堂がカノンたちに感謝と別れを告げる中



貴「っ……っっ……」



声を抑え、涙を流すA



《FF!!大激闘を制し日本一に輝いたのは雷門中だぁ!!》


円堂「俺達は日本一だぁぁぁ!!」


「「おぉっ!!」」


ザ…ッ



Aのすぐ横で止まる足音

そしてAの頭の上に、優しく手が乗せられる



豪炎寺「……」



何も言わず、ポンポンと頭を撫でてくれる豪炎寺に

Aはまた涙が流れた

そして彼らの消えた空を見上げ



貴(さようなら………愛した人)

終わり ログインすれば
この作者の新作が読める(完全無料)


←第29話 不可能



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (36 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
37人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

鈴松信@違反報告する時は声かけてね(´;ω;`)(プロフ) - うわぁぁぁぁ、これは…なんとも切ないぃぃぃ…めちゃ感動しました!(´;ω;`) (12月9日 12時) (レス) id: e085487720 (このIDを非表示/違反報告)
raku(プロフ) - めちゃくちゃ好きです...!ありがとうございました!! (2018年7月26日 14時) (レス) id: 77cb868258 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - ミストレの小説もっと作ってほしいです! (2018年6月9日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
KANA(プロフ) - めっちゃ面白いです! (2018年6月8日 0時) (レス) id: 7cbd7746b4 (このIDを非表示/違反報告)
Fukumin - とても最高な小説でした。゚(゚´Д`゚)゚。また、こういう小説を書いて欲しい(´・ω・`) (2018年5月15日 18時) (レス) id: b430bf22da (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:マシマロ王子♪ | 作者ホームページ:http://uranai.nosv.org/u.php/hp/masipage/  
作成日時:2018年4月29日 19時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。