占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:5 hit、合計:8,823 hit

充電 ページ11

彼 女 サ イ ド 。


「はあ、」

仕事からの帰り道。
真っ暗な夜の道を一人で歩く。

夜が遅くなる時は連絡して、って
裕翔から言われてるけど
今日はとてもそんな気分じゃなくて。

っていうか、今彼に会ってしまったら
このイライラをぶつけてしまいそうで
怖いだけ。


『お前の代わりはいくらでもいる』

『お前なんて必要ない』


上司から言われた言葉が
頭の中をループする。
忘れたくても忘れられない。


そもそもあのミスは部下のものであって、
私は関係ないし悪くない。
…そんなことを今更言ったって
言い訳にしかならないんだろうけど。


考えれば考えるだけ涙が止まらなくて、
もうすぐ家だから止めなきゃって
無理やり涙を引っ込めた。

2→←2



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.7/10 (21 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
22人がお気に入り
設定キーワード:Hey!Say!JUMP , 中島裕翔 , 岡本圭人
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:吉崎玲凰 x他2人 | 作者ホームページ:http://MAI,Fuka  
作成日時:2016年5月23日 23時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。