占いツクール
検索窓
今日:4 hit、昨日:1 hit、合計:130 hit

4話 ページ5

「塾は嫌なんでしょう、家庭教師はどうなの。」









携帯をいじっている時、母親にそう言われた。









いくら私が辛くとも、親にはただ遊んで笑っているだけに見えるらしい。








「やだ。人と関わりたくないの。分かっているから、放っておいて。」









昔から、全てなんとかなっていたから、最後にはなるようになるのだと思っている。









自覚はしても無意識下ではそうだから、そう言うものに関心がないから、私は努力をしない。









ただ学校に行けないと言う罪悪感を、動画や音楽、本で潰しているだけなんだ。









ただ、楽しいことをしていたい。








何もかも、自分がどこの誰でどんな過去があるのかも忘れて。

5話→←3話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:オリジナル , 不登校 , 完璧主義 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カノン | 作成日時:2021年1月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。