占いツクール
検索窓
今日:3 hit、昨日:1 hit、合計:129 hit

2話 ページ3

雨の降る中、1人バスに乗って本を読む。









耳にはイヤホン。









流れているのは某笑動画のバラード曲。









今日の本は、辻村美月さんの【鏡の孤城】だ。









今日の本も何もないか。









どうせ私の読み物のラインナップは、お気に入りの本数冊と二次創作だけだ。









そのおかげかこの本も、もう4回目になる。









リアリティーのある、本当に起こりそうなファンタジー。








これが本屋大賞に選ばれたというのにも納得のいける、読み応えのある本だ。








それに、今多いとされている不登校児が主人公なため、自分と重ねて惹かれる人は多い。









かく言う私もその1人だ。








今日も今日とて、本を読んでは傷つける。

3話→←1話



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 0.0/10 (0 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
設定キーワード:オリジナル , 不登校 , 完璧主義 , オリジナル作品
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:カノン | 作成日時:2021年1月12日 22時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。