占いツクール
検索窓
今日:227 hit、昨日:1,011 hit、合計:214,703 hit

84 ページ24

「大丈夫?何もしてなくても体力消費されてるでしょ」

『ん、でも仕方ねぇよ。呪力調整できるまでは俺が体力つけるしかない』






久しぶりの任務ってこともあり多少気疲れもあったんだろう

抱き抱えこまれている体温と頭を撫でる手に悔しくも眠気が襲う

目を擦る手を止められるとトントンと腹部を優しくたたかれ気を抜くとウトッと落ちそうになる








『俺もう子供じゃねぇし…やめろ』

「でもこれするとAすぐ寝てたよ?」

『だから、子供じゃ…』

「いいよ寝ても。僕に背中預けて」







また甘やかされる

クソっと思いながらも何か催眠の術でもかけられているのか疑うほど力が抜けてしまい身体を悟に預ける







『俺、強くなるから』

「Aはもう十分強いよ」







遠くなるこいつの声


遠くなりかける意識の中、争いながらなんとか自我を保つ






それ以外の選択肢が俺にはなかった。

あの家に生まれて、不動明王の力を受け継いだ俺には他の選択肢はなかった

だけどあの日、あの一本道から急に悟が手を引っ張って道じゃない道を進んでいつか、それが俺の道になった








多分俺と悟は似ている

悟も生まれた瞬間に人生が決まっていた

呪術師になるという道

それ以外の選択肢はなくて、こいつはその道を歩んでいる

好きとか嫌とかの感情は抜きにしての話








『悟よりも強くなるから』







呪術師しかないこいつの人生を、今度は俺が広げてやりたい


多分それが俺の親孝行…







『今度は俺がお前に呪術師やめてもいいよって言えるようになるから』







スッと限界の意識をこいつの温もりに埋める

85→←83



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (350 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
1973人がお気に入り
設定キーワード:呪術廻戦 , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - 要さん» あまあまのあまが見たいです!!絶対ドロドロでしょ笑 真綿に包んでそっと大切に宝箱に仕舞い込んでそうな感じしません??ふふふふ(^ ^) (1月17日 22時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - ミラさん» リクあじゃっす!!でも今でも結構ごじょせんあまあまのあまよ。もっとあまあまにしてってことかいな?ふふふふふ (1月17日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)
ミラ(プロフ) - リクエストなのですが、夢主さんが女の子だったらバージョンも見てみたいです!絶対女の子なら五条先生ゲロ甘で距離感バグだろうな〜と思いまして笑笑 ご検討ください(o^^o) (1月17日 20時) (レス) id: 23e9cd344d (このIDを非表示/違反報告)
(プロフ) - mさん» あぁぁ、mさんありがとうございます。そう言ってもらえてすごく嬉しい…うぅぅ、心に沁みてゆくありがとうございます。 (1月13日 22時) (レス) id: dc654e081f (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名: | 作成日時:2020年12月14日 18時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。