検索窓
今日:10 hit、昨日:16 hit、合計:4,345 hit

シリーズ最初から読む | 作品のシリーズ [連載中]

私は生きている。


これもすべて主のおかげである。


また君と会えたのも主のおかげである。


なのに、君はなぜそう悲しそうな顔をしているのか。


わからない。


会えて嬉しいと思うのは私だけなのか。


そんな顔をされては……また、胸が痛む。





――――――――――――――――

【注意】
・第五人格の【男主】夢小説です。
・登場する第五人格のキャラの口調・性格は公式様を参考にさせていただいていますが、このお話は全て私の独自解釈の妄想にすぎません。
 キャラ崩壊などはさせないように努めますが、ただの妄想小説ですので暖かい目で見てくだされば幸いです。
・お相手は写真家、納棺師です。


【設定】
・ハンターとサバイバーはそれぞれハンター館とサバイバー館に分かれて生活をしている。
・二つの館を隔てる形で間に中庭がある。
・中庭を通れば館間を行き来できるが、荘園のルールで行き来は禁止になっている。
・ロケットチェアは安全バーで固定するのではなく、茨のひもで縛りつけている形です。


始まり→主の為なら殉教も。【男主】執筆状態:連載中

シリーズの最初から読む



































おもしろ度の評価
  • Currently 9.96/10

点数: 10.0/10 (23 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
51人がお気に入り
設定タグ:IdentityV , 男主
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:花となり | 作成日時:2023年7月30日 1時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。