占いツクール
検索窓
今日:1,306 hit、昨日:2,304 hit、合計:700,081 hit

♯心が遠い ページ46

A side









翌日登校した私は、注目の的になっていた。





パーティーに来ていなかった生徒達にも、
昨夜の出来事は伝わっているらしい。





ジロジロ見られることには慣れていたし、
こうなるのことももちろん覚悟していたから、

特に気にせず教室に入った。









「 斉藤さんっ… 」





『 あぁ…おはよっ 』









着席してすぐ、
前に懇願してきた優等生達が駆け寄ってきた。









「 昨日のパーティー、観たよ 」









携帯を向けている人もいたから、
恐らくその動画で全てを知ったのだと納得した。









『 うん。
これで今まで通りの日常に戻れるね 』





「 ごめんっ! 」





『 え?なんで謝るの? 』





「 自分達のことばっかりで、
斉藤さんの気持ちなんて全然考えてなかった。

S9の奴らのことまで…斉藤さんにぶつけて…

反省してるよ、本当にごめんっ! 」





『 ううん。
私が自分で決めたことだから。

だからもう謝らないで?
そんなに謝られるのはしんどいから。笑 』









そう言うと、顔を赤く染めた優等生達は
そそくさと自分の席へ戻っていった。





いつもと変わらない日常が戻ってきて、
ホッとしていると美希が登校してきた。









『 あ、美希っ!おはよ! 』





美希「 あ、うん。おはよ 」





『 美希、どうしたの?具合悪い? 』





美希「 ううん。大丈夫 」









私の目を1回も見ずに着席した美希は、
耳にイヤフォンをして机に突っ伏した。





避けられている気がして、少しだけ胸が痛くなった。









♯マイペースな彼→←♯私の想い



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 10.0/10 (749 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
3289人がお気に入り
設定キーワード:SnowMan , 学パロ
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

leechan - 零さん» コメントありがとうございます!続編も頑張ります! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
leechan - おーやんさん» ありがとうございます!更新をお待ちください! (1月20日 21時) (レス) id: 3dac29f62b (このIDを非表示/違反報告)
- お話、すごく好きです!!続編楽しみにしてます! (1月20日 17時) (レス) id: f20013ee9d (このIDを非表示/違反報告)
おーやん(プロフ) - 楽しく読ませていただいてます!S9最高です!続編がでるの楽しみにしています!! (1月20日 12時) (レス) id: 7c71f694df (このIDを非表示/違反報告)
leechan - 祐莉さん» ご意見ありがとうございます!今後の更新を楽しみに待ってくださるとありがたいです! (1月19日 12時) (レス) id: 4afeda7977 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:leechan | 作成日時:2021年1月13日 2時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。