占いツクール
検索窓
今日:1 hit、昨日:89 hit、合計:79,082 hit

組織 ページ27

はぁ〜

せっかくKZのみんなといるのになんでこんなに憂鬱なんだろ…

この後組織に顔出ししないといけないのに…

あ、そうだ若武に途中で抜けるって言っとかないと

ア「若武」

若「なんだ?」

ア「私途中で帰らないといけないから」

若「なんでだ?」

ア「用事があるから…」

翼「用事って?」

ア「ちょっとあるところに顔出ししないといけなくて…」

ほんとはあんまり行きたくないんだけどね

組織にいろいろ報告するんだけどそのたびにいろいろ細かい注意を受けるんだよね…

私はただ「すいません…」しか言えなくて…

ア「あ、ごめん!もう行かなきゃ!またね、みんな!」

若「あ、ちょ…」

遅れるとさらに小言が増えるから急がないと…!

私は急いで若武の家を出た


(ちょっと遅れそうだよ〜!)

組織の建物はそこそこ大きめのビルなんだ

しかも地下まであるんだ

表向きは一応しっかりとした会社だよ?

雪「彩ちゃ〜ん!」

ア「雪ちゃん!雪ちゃんも今日呼ばれてたの?」

雪「うん!でも遅れそうなんだんだ!」

ア「私も!一緒に行こ!」

それで2人で組織も猛ダッシュした


「はぁはぁ…」

久しぶりにこんなに走ったな…

今は以外と早く着いたから2人でゆっくり組織の建物…いや、会社の中を歩いてます

会社の中だと私達と同い年の子もいる

「コンコン」

ア「失礼します」

なんか会社員さんになった気分…

返事をもらって2人で中に入る

それで報告をして…まぁ当たり前のようにいろいろ言われて…

2人で

「すいません…」

ってずっと言ってた

小学生の時にやった挨拶運動なみにずっと言い続けた

それでやっと解放されました

雪「話を聞くだけですごい疲れた…」

ア「うん…」

雪「この後彩ちゃんはどうする?」

ア「う〜ん…資料室にでも寄ろうかな?」

資料室って言うのはいわば図書館みたいな感じで

歴代の「光」の活躍とかどんな人物だとか「光」についての情報が全部あるんだ

雪「なにか調べるの?」

ア「うん。昨日話した事についてのね…」

雪「そっか、夜までまだ時間あるもんね」

それで私達はそれぞれ別行動をする事にした

雪ちゃんは地下の訓練所に行ってくるって言ってた

私は今夜やる儀式の手順を調べていた

儀式開始→←正直になれなくなってる



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.8/10 (60 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
59人がお気に入り
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

jolin(プロフ) - 利衣子さん» ありがとうございます!頑張ります (12月2日 17時) (レス) id: 3710eebe05 (このIDを非表示/違反報告)
利衣子 - 面白いよ!!がんばれー (12月2日 15時) (レス) id: 77f3349879 (このIDを非表示/違反報告)
jolin(プロフ) - 利衣子さん» ありがとうこざいます!ロンドンに住んでたなんてかっこいいですね…! (12月2日 7時) (レス) id: 3710eebe05 (このIDを非表示/違反報告)
利衣子 - 幻はマジック、実現はリーライズと読みますよ。。私はロンドンにすんでいました。 (12月2日 7時) (レス) id: 77f3349879 (このIDを非表示/違反報告)
栖夜(プロフ) - jolinさん» いえいえ!w(そうですかwwじゃあ、お構い無くwwwww((((((((() (11月7日 18時) (レス) id: b2beda4449 (このIDを非表示/違反報告)

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:jolin x他1人 | 作成日時:2018年6月17日 16時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。