占いツクール
検索窓
今日:5 hit、昨日:245 hit、合計:91,946 hit

98 ページ48






夜中の3時。大ちゃんたちはぐっすり眠って
涼介もうとうとしている。

いや、あれはもう寝てるな。





裕翔 「 手伝いますよ? 」





台所にひとり立って洗い物をするあたしに
唯一起きていた中島くんが声をかける






「 いいよ。お客様なんだから。寝てて? 」




裕翔 「 いや、でも押しかけたのは俺たちですし 」




「 君は忠実だね〜。先輩は嬉しいよ〜 」




裕翔 「 なんですかその言い方笑 」




「 酔ってるの。わかるでしょ〜? 」




残り少なくなったスポンジの泡

くしゃってしてももう意味はなくなっていて、洗剤を
つける





裕翔 「 酔ってるなら尚更俺がしますよ 」




「 え?中島くん飲んでないの? 」




裕翔 「 ちょっぴりです 」




「 なんだ、遠慮せずに飲めばよかったのに… 」




裕翔 「 俺までベロンベロンになるとやばいですよ笑 」





「 まあ、そうかもね笑 あ、でもお酒の付き合いも
大切だからね? 」




裕翔 「 わかってますよ。有岡さんに叩き込まれてますから笑 」




「 ならよろしい! 」






カウンターキッチンになってるうちの家

中島くんと並んでみんなの寝顔を見る






「 大ちゃん、笑 」



裕翔 「 人の家だって自覚してないっすね笑 」





ソファーにうつ伏せになって眠る大ちゃんは
肌着姿で背もたれに片足を引っ掛けている






「 ほんと、何考えてんだろうね笑 」




裕翔 「 伊野尾くんもなかなかですね笑 」




「 ほんとだ笑 」






こうして、あたしと中島くんの寝相観察は
洗い物が終わるまで続いた




99→←97



目次へ作品を作る感想を書く
他の作品を探す

おもしろ度を投票
( ← 頑張って!面白い!→ )

点数: 9.9/10 (104 票)

この小説をお気に入り追加 (しおり) 登録すれば後で更新された順に見れます
496人がお気に入り
設定キーワード:hey!say!jump , 山田涼介   
作品ジャンル:恋愛
違反報告 - ルール違反の作品はココから報告

感想を書こう!(携帯番号など、個人情報等の書き込みを行った場合は法律により処罰の対象になります)

ニックネーム: 感想:  ログイン

作品は全て携帯でも見れます
同じような小説を簡単に作れます → 作成
この小説のブログパーツ

作者名:めーべる | 作成日時:2018年6月4日 20時

パスワード: (注) 他の人が作った物への荒らし行為は犯罪です。
発覚した場合、即刻通報します。